Students
Voices

学生インタビュー

理工学部
ビジネスデータサイエンス学科 2018年入学

北村 茉莉子さん

神奈川県 川和高等学校出身

身に付けた知識と技術を活かし、


IT業界でプロジェクトリーダーとして活躍したい!

学校で学んでいること・学生生活

感性工学やサプライチェーンなど、製造から流通に至る経路を幅広く学んでいます。たとえば感性工学では、さまざまな分析方法があるので、その手法を学んだりしています。今はオンライン授業が主流ですが、多くの先生が工夫して授業をしてくださっていますし、チャットで質問を受け付けてくださるので、安心して学べます。

これから叶えたい夢・目標

IT企業から内定をいただきました。大学でもIT技術は幅広く学びましたが、プログラミングなどはまだ力不足。授業の復習をしたり、自分でコードを打つ練習をするなど、入社前にもっと勉強するつもりです。幅広い知識を身に付け、プロジェクトリーダーとしてチームを引っ張り、皆の目標にされるような社会人をめざします。

この分野・学校を選んだ理由

進路が絞り込めていなかった自分にとっては、1年次にプログラミングや機械学習、応用数学、生産管理などを幅広く学べることが魅力でした。そこで自分がやりたいことを見つけ、その後に専門知識を深めていけます。

分野選びの視点・アドバイス

入学後にどういう生活が送れるかをイメージし、自分に一番マッチする学校を選ぶと、後悔がないと思います。中央大学には協力し合える仲間と親切で素敵な先生がたくさんいて、すごく楽しく学べますよ!

1週間のタイムスケジュール

経営システム
工学実験B
生産管理 経済性工学
品質環境
マネジメント
経営システム
工学実験B
信頼性工学 計算機
統計学
マーケティング・
リサーチ
ヒューマン
メディア工学
経営システム
工学特別講義A
情報通信
産業論
ソフト
コンピューティング

Students
Voices

学生インタビュー

理工学部
精密機械工学科 2018年入学

秋庭 啓吾さん

東京都立城東高等学校出身

知識だけでなく、消費者目線を大切にして


暮らしを快適にするモノづくりを目指します

将来の目標は、最先端の技術を駆使して社会や暮らしを快適にする製品を設計することです。そのため、モノづくりに必要な材料力学・機械力学・制御工学などの科目を受講しています。例えば、機械の仕組みや動作原理の基礎となる力学の講義、機械の図面を手描きする実践科目などは、特に力を入れて学んでいます。

世の中のためになる製品を設計するには、技術的な知識だけでなく、世の中のニーズを理解するための消費者目線も不可欠。これを意識するようになったきっかけは、ある企業で商品開発者として働く中央大学卒業生による、学部の講義です。私たちが何気なく使っている醤油瓶のデザインに、利便性と安全への配慮が隠れていることを知り、感動しました。それ以降、設計の際は常に、使う人のことをイメージするように心がけています。

インターンシップでは3Dプリンタを扱う企業を訪れ、設計を実体験しました。第一線で活躍する方々の仕事に対する熱意に触れ、設計職への思い入れがさらに強まりました。