Students
Voices

学生インタビュー

総合政策学部
政策科学科 2018年入学

鳥海 日菜子さん

中央大学附属高等学校出身

イベント運営を通して


「スポーツによる社会活性化」を学んでいます。

学校で学んでいること・学生生活

中央大学には、学部の壁を越えた「FLP」という学部間共通科目があり、私が所属するFLPのゼミでは、高齢化が進む秋田県をスポーツで元気にする取り組みを行っています。グラウンド・ゴルフ大会やオンライン体操教室を企画・運営したり、特設サイトやパンフレット、グッズ制作など、社会の中で実践的に学ぶことができます。現在はスポーツと社会の仕組みに関する授業を積極的に履修しています。フィジカルリテラシー(バスケットボール)の授業では、ゲームの運営や審判の役割などを、実際に体を動かしながら学びます。

これから叶えたい夢・目標

FLPの活動を通して、「スポーツの力で社会をより良くしたい」という目標ができました。現在はスポーツメーカーやイベント企画会社を目指して、就職活動に励んでいます。FLPで身に付けた「他者と協働する力」や、私自身がさまざまなスポーツに取り組んできた経験を、仕事に活かしていきたいと考えています。

この分野・学校を選んだ理由

政治や経済、国際関係、外国語など幅広い分野を学び、自分の可能性を広げられるからです。FLPの学びは少人数制で先生や仲間との距離が近く、また、学外でのフィールドワークが盛んなことにも魅力を感じました。

分野選びの視点・アドバイス

総合政策学部は主体的に学ぶ環境が整っているので、とにかく色々なことにチャレンジしたい人や、本当にやりたいことを見つけたい人にオススメです。特にFLPは貴重な経験ができるので、ぜひ参加してみてください!

1週間のタイムスケジュール

現代企業論
安全保障論 社会計画法 行政学I 金融論
スポーツ科学 政策文化関係論 NGO・NPO論 憲法と人権 専門総合講座A1
自治型社会の課題1
都市計画論 民族と文化 社会言語学 家族
FLP演習B 犯罪の概念I