入試情報

入学試験における主な変更点

2025年度入学試験

詳細は、CHUO UNIVERSITY GUIDE BOOK2025(大学案内)(2024年5月中旬公開)および2025年度入学試験要項(特別入試は2024年7月中旬、一般選抜は2024年11月中旬公開予定)を確認してください。

新学習指導要領をふまえた2025年度入学試験について

(変更案)

2025年度中央大学の一般選抜入試および特別入試について、こちら にてお知らせします。(2023年3月31日時点)

2025年度入試の出願の際は、当該年度の一般選抜入試(11月頃公開予定)および特別入試(7月頃公開予定)の入学試験要項を必ずご確認ください。

法学部 英語運用能力特別入学試験について

法学部英語運用能力特別入学試験の実用英語技能検定(英検S-CBT、英検S-Interviewを含む)の出願要件について、2025年度入試より下表のとおり変更します。

変更前 変更後(2025年度入試以降)
実用英語技能検定(英検S-CBT、英検S-Interviewを含む) 準1級以上の合格 1級合格

経済学部 高大接続入学試験について

経済学部高大接続入学試験【資格・実績評価型】の出願資格について、本学主催の「高校生地球環境論文賞(2021年度をもって廃止)」での表彰を出願資格から除外します。

経済学部 海外帰国生等特別入学試験について

2025年度入試より、経済学部海外帰国生等特別入学試験の募集を停止します。

商学部 特別入試英語運用能力特別入学試験について

商学部英語運用能力特別入学試験のGTECの出願要件について、2025年度入試より下表のとおり変更します。

変更前 変更後(2025年度入試以降)
GTEC GTEC(CBTタイプに限る)1180以上 GTEC(CBTタイプ、検定版Advancedタイプ)1180以上

商学部 特別入試外国人留学生入学試験について

外国人留学生入学試験(A方式)の実施方法について、2025年度入試より以下のとおり変更します。

変更前
日本留学試験(EJU)必要科目 英語能力要件(いずれかで可) 1次選考 2次選考
「日本語」 - 書類選考 英語運用能力試験(オンライン)
面接(オンライン)

変更後
日本留学試験(EJU)必要科目 英語能力要件(いずれかで可) 1次選考 2次選考
「日本語」 TOEIC® L&R
TOEFL iBT®
IELTS
※スコア基準なし
書類選考 筆記試験「小論文」(対面)
面接(対面)

商学部 学部別選抜英語外部試験利用方式の募集開始について※2024年3月4日更新

2025年度入試より、商学部 学部別選抜英語外部試験利用方式の募集を開始します。

商学部 英語外部試験利用方式(予定)
試験教科・科目
個別試験
[一般方式と共通の問題]
国語 現代の国語、言語文化(漢文を除く)
地理歴史・公民
数学
「歴史総合、世界史探究」、「歴史総合、日本史探究」、「公共、政治・経済」、「数学(数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A(図形の性質、場合の数と確率)、数学B(数列)、数学C(ベクトル))」から1科目選択
英語資格・検定試験 [資格・検定試験種類および基準は予定内容]
出願期間初日から遡って2年以内に実施(英検については2次試験日)された次の1~7のいずれかの要件を満たすことを出願資格とします。
各受験回の合計点のみを有効とします。複数回受験した場合でも、各技能の最高点の合算は行いません。
  1. TOEFL iBT®(Home Edition、Paper Editionを除く)42以上(*1)
  2. TOEIC® L&RおよびTOEIC® S&W 合計790以上
  3. TEAP(4技能パターン)(CBTを除く)225以上(*2)
  4. IELTS(アカデミック・モジュールに限る。CDIを含む。IELTS Onlineを除く)4.0以上
  5. 実用英語技能検定 (英検S-CBT、英検S-Interviewを含む)CSE2.0 スコア 2150以上
  6. GTEC(CBT タイプ、検定版Advancedタイプ)930以上
  7. ケンブリッジ英語検定(*3)A2 key以上または4技能CBT Linguaskill スコア 140以上
  • TOEFL iBT®(Home Edition、Paper Editionを除く)については、各受験回の合計点のみを有効とします。複数回受験した場合でも、各技能の最高点の合算 (MyBestスコア) は行いません。
  • TEAPについては各受験回の合計点のみを有効とします。複数回受験した場合でも、各技能の最高点の合算は行いません。
  • ケンブリッジ英語検定については、A2 Key、B1 Preliminary、B2 First は「for Schools」も対象とします。また、4技能CBT Linguaskill は、公開会場での受験に限ります。
合否判定 個別試験の「国語」および「地理歴史・公民」もしくは「数学」の2教科2科目の合計得点で合否を判定します。

文学部自己推薦入試・指定校推薦入試・スポーツ推薦入試の出願資格等の見直しについて

2025年度入試以降の文学部の自己推薦入試・指定校推薦入試・スポーツ推薦入試について、現時点で決まっている出願資格および被推薦資格をお知らせします。
※詳細は、各入学試験の2025年度入学試験要項(2024年公開予定)にて確認してください。

【自己推薦入試専攻適性型 出願要件】
・日本史学専攻
「①高等学校または中等教育学校(後期課程)において日本史探究を履修し、本専攻において日本史学を学修するための基礎学力を有する者。
②日本史研究に強い意欲があり、高校時代に日本史学・日本考古学に関する活動に積極的に取り組んできた者。」
【指定校推薦入試 被推薦資格】
・日本史学専攻
「「日本史探究」を履修し、特に日本史に強い関心を持つ者。」
・東洋史学専攻
「「世界史探究」を履修し、特に東洋史に強い関心を持つ者。」
・西洋史学専攻
「「世界史探究」を履修している者。」
【スポーツ推薦入試 出願資格】
・日本史学専攻・東洋史学専攻・西洋史学専攻
「文学部人文社会学科日本史学専攻志願者については、高等学校もしくは中等教育学校において「日本史探究」を、東洋史学・西洋史学専攻志願者については、高等学校もしくは中等教育学校において「世界史探究」の履修を必須とする。」

文学部 自己推薦入学試験について

文学部自己推薦入学試験【外国語型】の「英語」におけるGTECの出願資格について、2025年度より下表のとおり変更します。

変更前 変更後(2025年度入試以降)
GTEC(CBTタイプに限る)1050以上 GTEC(CBTタイプ、検定版Advancedタイプ)1050以上

文学部 一般選抜  学部別選抜英語外部試験利用方式について

文学部 学部別選抜英語外部検定試験利用選抜のGTECの出願資格について、2025年度より下表のとおり変更します。

変更前 変更後(2025年度入試以降)
英語文学文化専攻 GTEC(CBTタイプに限る)
1050以上
GTEC(CBTタイプ、検定版Advancedタイプ)
1050以上
英語文学文化専攻を除く12専攻、学びのパスポートプログラム GTEC(CBTタイプに限る)
930以上
GTEC(CBTタイプ、検定版Advancedタイプ)
930以上

総合政策学部 学部別選抜英語外部試験利用方式の英語資格・検定試験について

総合政策学部 学部別選抜英語外部検定試験利用方式の英語資格・検定試験について、2025年度より下表のとおり変更します。

変更前 変更後(2025年度入試以降)
  • TOEFL iBT(Home Edition、Paper Editionを含まない) 56以上
  • TOEIC L&R (IPテストを除く) 550以上
  • TOEIC L&R および TOEIC S&W(IPテストを除く) 790以上
  • TEAP(4技能パターン)(CBTを除く) 260以上
  • IELTS(アカデミック・モジュールに限る。CDIを含む。IELTS Onlineを含まない) 4.5以上
  • 実用英語技能検定(英検S-CBT、英検S-Interviewを含む) CSE2.0スコア 2304以上
  • GTEC(CBTタイプに限る) 1050 以上
  • ケンブリッジ英語検定 (4技能 CBT Linguaskillを含む) スコア150以上
  • TOEFL iBT(Home Edition、Paper Editionを除く) 56以上
  • TOEIC L&R および TOEIC S&W(IPテストを除く) 790以上
  • TEAP(4技能パターン) 280以上
  • TEAP CBT 470以上
  • IELTS(アカデミック・モジュールに限る。CDIを含む。IELTS Onlineを除く) 4.5以上
  • 実用英語技能検定(英検S-CBT、英検S-Interviewを含む) CSE2.0スコア 2304以上
  • GTEC(CBTタイプ、検定版Advancedタイプ) 1050 以上
  • ケンブリッジ英語検定 (4技能 CBT Linguaskillを含む) スコア150以上

国際経営学部 5学部共通選抜(現行:6学部共通選抜)について

2025年度入試より、国際経営学部では現行の6学部共通選抜の募集を停止します。それに伴い、名称を現行の6学部共通選抜から5学部共通選抜に変更します。

変更前 変更後(2025年度入試以降)
入試方式 6学部共通選抜 5学部共通選抜
実施学部 法学部、経済学部、商学部、文学部、総合政策学部、国際経営学部 法学部、経済学部、商学部、文学部、総合政策学部

国際経営学部 海外帰国生等特別入学試験の募集開始について

2025年度入試より、国際経営学部 海外帰国生等特別入学試験(2025年9月入学)の募集を開始します。

国際経営学部 海外帰国生等特別入学試験概要(予定)

※詳細は、入学試験要項(2024年12月下旬公開予定)を必ず確認してください。

1.募集学部・学科
国際経営学部 国際経営学科
※9月入学者
2.募集人数
5名
3.出願期間
2025年2月下旬~3月上旬を予定
4.出願資格
以下の(1)~(4)の全てに該当する者。
(1)日本国籍を有する者、または入管法(注1)による「永住者」の在留資格を持つ者もしくは入管特例法(注2)による「特別永住者」。
注1:「出入国管理及び難民認定法」の略
注2:「日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法」の略
(2)2025年9月20日までに、以下①~⑬のいずれかに該当する者(見込み含む)。
①高等学校又は中等教育学校を卒業した者。
②特別支援学校の高等部又は高等専門学校の3年次を修了した者。
③外国において、学校教育における12年の課程を修了した者(注1)。
④外国における、12年の課程修了相当の学力認定試験に合格した18歳以上の者(注1)。
⑤外国において、文部科学大臣が指定した11年以上の課程を修了したとされるものであること等の要件を満たす高等学校に対応する学校の課程を修了した者。
⑥文部科学大臣が外国の高等学校相当として指定した外国人学校を修了した者(注1)。
⑦高等学校と同等と認定された在外教育施設の課程を修了した者。
⑧文部科学大臣が指定した専修学校の高等課程を修了した者。
⑨外国の大学入学資格である国際バカロレア、アビトゥア、バカロレア、GCEAレベルを保有する者。
⑩国際的な評価団体(WASC、CIS(ECIS)、ACSI、NEASC)の認定を受けた教育施設の12年の課程を修了した者。
⑪高等学校卒業程度認定試験(旧大検)に合格した者(注2)。
⑫本学が外国の高等学校教育の課程に相当すると認めた日本国内の外国系学校(インターナショナルスクール等)の課程を修了した者(注3)。
⑬本学の個別入学資格審査において認められた18歳以上の者(注3)。
注1:12年未満の課程の場合は、さらに、文部科学大臣が指定した準備教育課程又は研修施設の課程を修了する必要があります。
注2:2024年度第1回までの実施試験を対象とします。
注3:⑫、⑬での出願を希望する場合は、所定の期日までに入試課(https://chuo-admissions.zendesk.com/hc/ja/requests/new)に問い合わせてください。
(3)外国の高等学校(注)において、正規の教育課程(10学年以上に相当する課程)に基づく教育を2暦年または2学年以上継続して受けた者(見込みを含む)。
注:在外教育施設や日本国内にある民族学校、インターナショナル・スクール等については、外国の高等学校に含みます。
(4)出願期間初日から遡って2年以内に受験(英検については2次試験)し、以下のいずれかに該当する者。
①TOEFL iBT®(Home Edition、Paper Editionを除く)72以上(注1)。
②IELTS(アカデミック・モジュールに限る。CDIを含む。IELTS Onlineを除く) 5.5以上。
③実用英語技能検定(英検S-CBT、英検S-Interviewを含む)CSE2.0スコア2304以上(受験級は準1級以上に限る)。
④ケンブリッジ英語検定:B1 Preliminary/for Schools 160点以上、B2 First/for Schools160点以上、C1 Advanced取得。
注1:TOEFL iBT®(Home Edition、Paper Editionを除く)についてはTest Dateスコアに限ります(MyBestスコアは使用しません)。
5.試験日
2025年3月下旬を予定
6.選考方法
書類審査、面接(英語)
7.合格発表日
2025年4月上旬を予定

国際情報学部 学部別選抜英語外部試験利用方式の合否判定方法の変更について

2025年度入試より、国際情報学部 学部別選抜英語外部試験利用方式について、出願資格として提出された英語資格・検定試験のスコアを換算した得点を用いて合否判定を行います。
なお、得点換算の詳細については公表しません。

国際情報学部 学部別選抜英語外部試験利用方式
変更前 変更後(2025年度入試以降)
合否判定 英語資格・検定試験のスコアおよび合格級は出願資格のみとして使用し、個別試験の「国語」の得点で合否を判定します。 個別試験の「国語」の得点と、各検定試験のスコアを換算した得点の合計得点で合否を判定します。

国際情報学部 学部別選抜英語外部試験利用方式の英語資格・検定試験について※2024年5月23日更新

国際情報学部 学部別選抜英語外部検定試験利用方式の英語資格・検定試験について、2025年度より下表のとおり変更します。

変更前 変更後(2025年度入試以降)
  • TOEFL iBT(Home Edition及びPaper Editionを除く) 56以上
  • 実用英語技能検定(英検CBT、英検S-CBT、英検S-Interviewを含む) CSE 2.0 スコア 2300以上かつ各技能 500以上(受験級は準1級以上)
  • TOEIC L&R および TOEIC S&W(IPテストを除く) 合計850以上
  • IELTS(アカデミック・モジュールに限る。CDIを含む) 4.5以上
  • TEAP(4技能パターン) 300以上
  • GTEC(CBTタイプに限る) 1050以上
  • ケンブリッジ英語検定 B2 First(FCE)、C1 Advanced(CAE)、C2 Proficiency(CPE) のいずれかの合格
  • TOEFL iBT (Home Edition、Paper Editionを除く) 54以上
  • 実用英語技能検定(英検S-CBT、英検S-Interviewを含む) CSE 2.0 スコア 2067以上(受験級は準1級以上)
  • TOEIC L&R および TOEIC S&W(IPテストを除く) 合計745以上
  • IELTS(アカデミック・モジュールに限る。CDIを含む、IELTS Onlineを除く) 4.5以上
  • TEAP(4技能パターン) 250以上
  • GTEC(CBTタイプ、検定版Advancedタイプ) 1050以上