国際情報学部 Faculty of Global Informatics

国際情報学科

LIVE!演習

[ 国際情報演習Ⅰ]

サイバー犯罪の最前線では何が?

ゼミではセキュリティの感度を高める。事案が多発するアメリカの司法省が公開している起訴状を読み解き、グループごとに発表する。
企業のシステムに侵入して機密データを窃取し、身代金を要求する犯罪計画を取り上げた発表では、犯罪シンジケートについても考察した。

社会で活躍する素地としてのセキュリティ感覚。

海外の技術や法制度の最新動向を把握する一環としてサイバー犯罪を扱う。
日本ではあまり報道されないが世界的にサイバー犯罪の手口は進化する一方。事案の理解を通してセキュリティ感覚を涵養する。

松崎 和賢 准教授研究分野:制御システムセキュリティ、ソフトウェア工学

犯罪の背後で暗躍するものは?

サイバー犯罪の事案を調べるなか、しばしば聞く名前が「ラインX」。
諜報機関のコードネームと推測されるが、ドラマで展開されるような出来事がリアルに起きるとは。

日本でもサイバー犯罪が
横行するか。

日本のデータ流出は電話で誘導して情報を聞き出すなど、アナログなケースも散見される。
今後はSNSやメールアカウントの乗っ取りなどデジタルに移行するのだろうか。

サイバー犯罪の根底には
人の闇が横たわる。

機密データの窃取を狙った犯人は実行前に逮捕。刑事告発文では背後の組織の存在を示唆しており、今回の未遂事犯は氷山の一角に過ぎないのかもしれない。
国際的にもサイバー犯罪は世界各地で発生している。
だが、サイバー犯罪といっても、結局は「人」が関与。「ヒューマンハッカー」という言葉もある。
有名人のアカウント乗っ取りや、愉快犯による公聴会ジャックも人の心の闇から発生したもの。そうした面でも興味深い。

守屋 杏香
国際情報学科 2年
神奈川県立希望ケ丘高等学校出身

4年間のゼミで
基礎から学び
卒業論文・卒業制作につなげる

1年次の「基礎演習」は大学で研究活動を進める際に必要となる基礎力を養うことがテーマ。
ディベートやディスカッションにも挑戦します。
2年次以降は「情報基盤」「情報法」「情報実践」「グローバル教養」の4分野それぞれの理解を深め「卒業論文」・「卒業制作」に繋げます。

学科紹介

国際情報学科 Department of Global Informatics

国際社会が抱える情報の諸問題を分析・解明し、解決できる人材に。

国際情報学科では、国際社会が抱える情報の諸問題を「仕組み」と「法律」の視点で分析・解明し、その問題の解決策を論理的に構築する力を身につけます。そのうえでグローバル社会に受容される情報サービスや政策を実現できる人材をめざします。

[ゼミのテーマ例]

◯AI・ロボット法に関連する諸問題と解決策についての研究。法律学の知識、技術の仕組みなど、多面的に課題を捉え解決策を提示する能力を養成します。
◯情報システムや情報ネットワークの知見を使って、社会の役に立つアプリケーションやサービスをつくる研究。企業と連携した研究などを企画。
◯情報をめぐる変化がグローバル・ガバナンスにもたらす諸問題と解決策についての研究。情報に関する技術面・法的側面の知見を活かして考察します。

グローバル情報社会の諸問題を解決できる人に

デジタル化の推進は、いまや地球規模。情報技術を活用した新しいビジネスモデルが生まれ、生活が便利になる一方で、個人情報保護をはじめとする情報に関する法律の必要性が世界で叫ばれています。
「情報の仕組み」「情報の法学」「グローバル教養」の知識と考え方で、グローバル情報社会における問題や、将来の変化にも柔軟に対応できる人材を養成します。

進化する情報社会に起こる諸問題を解決に導く力を

ICTに関する知識と、社会のルールも含む法学の理論や情報に関する法律の知識、つまり工学と法学の2つの学問を複合的に学べるのが特徴です。
さらに倫理や哲学といったグローバルな価値観を身につけ、それぞれの知識を統合した視点や、変化に柔軟に対応できる思考力を修得することができます。

沿革

2019年に開設したばかりの学部です。東京都新宿区市谷田町にキャンパスを構え、学生は4年間を通じてこのキャンパスで学びます。
学生に対する教員の数が多いのが特徴で、相互のコミュニケーションが豊富な学び場となっています。

DATA(2021年度実績)

学生数 248名 女子197名
専任教員数 21名
演習科目数 80※(1年次20/2年次20/3年次20/4年次20※)※予定
早期卒業制度 なし

卒業後の主な進路Career design

課題を発見・解決できる力を活かす

国際情報学部での学びを通じて、ICT社会における「情報」と「法」に対する理解を深める。
今の社会で起きている諸問題の分析、これからの社会で起こりうる諸問題の予見、これらの諸問題を解決に導く能力が身につきます。
将来は、情報系企業はもとより、各業界の企業の広報部門や法務部門など、幅広い業種・分野での活躍が期待できます。

  • 情報を駆使して世界を変える

    ICT系グローバル企業

    海外のICT企業で、さまざまな情報サービスの開発・運用を行うプロフェッショナル

  • 社会に向けて情報を発信する

    マスコミ業界

    SNSでのコミュニケーション、デジタルジャーナリズムに必要な情報収集・発信方法を理解したメディア関係者

  • 情報分野の国際標準を構築する

    国際公務員、国際機関職員

    GDPR(一般データ保護規則)など、グローバル機関で個人情報を適切に扱う知識を修得したスペシャリスト

  • ICTと法律の知識を活かす

    各種民間企業

    基本的な情報の概念および基礎知識、法律などの知識を修得し、企業のセキュリティ部門で活躍する技術者を管理できる人材