在学生の方新着ニュース

2019年07月25日

長期休業期間中の注意事項について

長期休業期間中は、自由に活動できる時間が増えさまざまな計画を立て実践することと思います。中央大学学生である皆さんは、常に自らの行動に責任を持って行動しているかと思いますが、トラブルに巻き込まれないためにも、以下の点に特にご注意ください。

 1.公共の場におけるマナー遵守 立つ鳥跡を濁さず

公共施設、駅構内、河川敷でのBBQなど公共の場においてはマナーを遵守し、周りの方々に迷惑をかけない行動を心がけましょう。

 2.未成年者に飲酒はさせない  ~法律で禁止されています~

未成年者は臓器が未発達のため、急性アルコール中毒になりやすく、心身に悪影響を及ぼす現実的な危険性があります。サークルやゼミのコンパの席だからという理由が許されるものではありません。飲酒の強要はもちろんのこと、自ら進んでイッキ飲みをする等の行為は絶対にしないでください。周囲の人の止める行動がとても大切です。 

3.違法薬物・違法ドラッグは絶対に使用しない ~たった1回でも人生が狂います~

違法薬物および違法ドラッグ(脱法ハーブなど)の所持および販売・使用は、絶対にしてはいけません。1回の使用でも『薬物乱用』とみなされます。大丈夫という軽い気持ちが薬物中毒の始まりとなります。決して手をだしてはいけません。

 4.SNSへ不用意な書き込みはしない ~思いもよらぬトラブルに発展します~

SNS(TwitterやFacebookなど)およびLINEやYouTubeなどへの安易な情報発信は、個人情報の漏洩トラブル等の様々な危険性があります。サークルやゼミで盛り上がっている動画等をWeb上にアップしたことで他人の人生を狂わせてしまうかもしれません。SNSにアップする前にはよく考え行動するように心がけてください。 

5.海外旅行前に現地情報を確認しよう ~備えあれば憂いなし~

海外渡航する場合は,最近のテロ等の治安情勢を踏まえ、十分注意してください。「外務省 海外安全ホームページ」で渡航先の最新情報を入手したり、外務省が実施している渡航登録サービス「たびレジ」への登録を行う等、安全対策に努めてください。 

【外務省 海外安全ホームページ】 http://www.anzen.mofa.go.jp/  ※渡航先の最新情報を入手できます。

【外務省 たびレジ】 https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/    ※旅行日程・滞在先・連絡先などを登録すると、滞在先の最新の海外安全情報や緊急事態発生時の連絡メール、またいざという時の緊急連絡などが受け取れるシステムです。 

6.事故に気を付けよう ~水の事故、山の事故、交通事故など~

海や山へ出かける際は、事前の準備を怠らずきちんと備えてでかけてください。また、バイクや乗用車の運転においては、自分が安全運転を心がけていても、事故に巻き込まれてしまう可能性もありますので、十分に注意してください。

 

【緊急時の連絡先】

〇学生課TEL:042-674-3471

学生相談室TEL:042-674-3483

〇理工学部学生生活課 TEL:03-3817-1666

〇夜間・祝祭日、長期休業期間中等上記番号に連絡がつかない場合:庶務課 TEL:042-674-2210