ボランティア新着ニュース

2020年09月24日

【ボランティアに関する相談、およびボランティアセンタールームの利用について】

2020年9月21日以降、ボランティアに関する相談、およびボランティアセンタールームへの入室を目的としたキャンパス内への入構と申請方法について、以下の通りお知らせします。


【ボランティアに関する相談】

下記の問い合わせフォームより相談をお寄せください。折り返しボランティアセンターより連絡いたします。
https://www.chuo-u.ac.jp/inquiry/form/?id=47

〇学生の皆さんへ
具体的な相談内容をお書きください。
ボランティアに関することなら、どのような内容でも大丈夫です。

〇地域・受入団体の皆さんへ
後期も一部を除きオンライン授業を継続しているため、入構する学生は大変少なく、また感染拡大防止の観点から大学としてのボランティア活動は引き続き制限中です。
現場でのボランティア活動再開に向けて、オンラインで学生に情報を提供し、準備を整えていきたいと考えていますので、学生向けの情報があればぜひお送りください。
詳細は、こちらをご確認ください。
https://www.chuo-u.ac.jp/usr/volunteer/information/


【ボランティアセンタールームへの入室について】

<多摩キャンパスへの入構に関する考え方>
引き続き当面の間、構内への立ち入り制限および学内施設の利用制限が継続されます。
ただし、以下の理由に関してのみ、ボランティアセンタールームへの一時的な入構を認めることにします。
・ボランティアセンタールームに保管されている本・備品等が必要な場合
・ボランティアセンタールームに預けてある郵送物・荷物の引き取り
・そのほかボランティアセンターが必要と認めた場合

<入構に関するルール>
2020年9月21日(月)から当面の間において、以下の通りとする
・入構は、月~金曜日10時00分~16時30分(12時~13時除く)のみとする
(土日・祝日<授業実施日含む>は除く)
・1日1 回、同時間帯の入室者は3名まで、最大1時間程度とする
・複数名による打合せ等の会合は不可とする(オンライン開催を原則とする)
・用件が済み次第、速やかに退構すること
・事前に下記の手続きを済ませた者のみとし、当日申し出による入構は認めない

<手続方法>
・前日の15時(月曜日の入構希望の場合は金曜日15時)までに、メール(chuo-volunteer-grp@g.chuo-u.ac.jp宛)に、下記①~④の内容を申し出ること
①入構者氏名と学籍番号(記入例:中央太郎 19A1101001A)
②連絡先電話番号
③構内への入構希望日時(記入例:2020年10月1日10時30分)
④入構する用件(記入例:ボランティア活動に関する本の借用、提出した書類の修正等)

<注意事項>
○ボランティアセンタールーム以外の施設への入室・利用はできない
○学内への車両入構は認めない
○入室希望は先着順とする。申請状況によっては希望に沿えない、または時間変更の提案をすることがある
○2週間前から健康観察(検温・体調チェック)を毎日行い、異常がないことを確認すること
○発熱(37.5 度以上)や体調不良があった際は、解熱後もしくは症状が治まってから 8 日間経過するまでは入構できない
○マスクを準備し着用すること
○手拭き用タオル、消毒ジェル等の感染防止対策用品を持参すること
○厚生労働省が提供する「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」の導入を推奨する
○こちらに記載がないことはボランティアセンター等の指示に従うこと

【本件に関する問い合わせ先】ボランティアセンター chuo-volunteer-grp@g.chuo-u.ac.jp