ボランティア新着ニュース

2019年02月12日

【報告】第5回大学生ボランティア活動報告会&イベントを開催しました

2019年2月9日(土)と10日(日)に「第5回大学生ボランティア活動報告会&イベント 被災地と多摩地域の架け橋 ~大学生はなぜ、被災地に通い続けるのか?」を、イオンモール多摩平の森にて、開催いたしました。

 

9日には、ボランティアセンター公認学生団体の「チーム防災」がオリジナルゲームの『防災すごろく』と『防災百人一首』を、「はまぎくのつぼみ」と「チーム女川」が、東北の物産展を行いました。


オリジナルゲームには、子どもたちを中心として絶えず人で賑わい、物産展でも毎年楽しみにしてくださっている方との交流を楽しみました。

 

10日には、「チームくまもと」の代表が登壇し、PR動画上映会「私たちが被災地に通い続ける理由」とパネルディスカッションに参加し、東北・熊本とライブ中継を交えながら、熱い議論を交わしました。

 

いずれも、多くの皆さんにご来場いただき、2日間のイベントにおいて、約570名の方々にご参加いただき、5大学からの参加大学生は70名でした。
・2/9 スタンプラリー 200名
・2/9 イオンホールイベント 165名
・2/9 物産展 100名
・2/10 報告会 105名

 

2月6日(水)~10日(日)には、パネル写真展も行い、こちらも多くの地域の方々が熱心に見てくださいました。