ボランティアイベント

【ボランティアセンター】中央大学教育力向上推進事業報告会~ボランティアセンターリーダー養成メソッド

日程
2015年12月5日(土)13:30~16:30
場所
多摩キャンパス Cスクエア3F 小ホール
対象者

大学関係者、学生、一般

定員

100名

参加費

入場無料

中央大学教育力向上推進事業の採択を受け、2013年「中央大学ボランティアセンター」が設立され、
センターを通じてこれまで600人以上の学生がボランティアの現場へ出かけていきました。

ボランティア活動を通して学生は高いコミュニケーション能力や実行力、内省力、俯瞰する力など、

大学の外の世界だからこその学びを、たくさん得て成長しています。
この現場を通じた学生の成長は日頃から学生と接している者には感じられることですが、

数字では表現しにくく、また、主観的な見方に陥りがちです。

そこで学生の学び・成長を客観的に誰もが認知できるかたちで表し、より効果的な育ちにつなげていく方法をセンターは模索してきました。
本イベントでは、株式会社ラーニング・イニシアティブの協力を得て開発した、Evidene(根拠)に基づくルーブリックを用いたリーダー養成の取り組みについて報告します。

学生にとって教室の外の学びの場は、ボランティアに限らず、インターンシップやアクティブ・ラーニング、プロジェクト・ベースド・ラーニングなどいくつもあります。

これら様々なかたちの「現場の学び」をより多くの方と共有し、今後につなぐ機会となれば幸いです。

 

 

<プログラム>

 

第1部:「ボランティア学生による活動成果報告とトークセッション」
発表者:被災地支援学生団体所属学生
コーディネーター:ボランティアセンター長・中澤秀雄氏(中央大学法学部教授)

 

第2部:「Evidence Based Rublicの開発課程と活用について」
解説:浅野高光氏(株式会社ラーニング・イニシアティブ)

 

<主催・問い合わせ>

中央大学ボランティアセンター

TEL 042-674-3487

メール chuo_volunteer@tamajs.chuo-u.ac.jp

 

<協力>

株式会社ラーニング・イニシアティブ

※ここでお届けしている記事は、PDF形式のファイルです。PDFファイルは、Adobe社が無料配布するソフト「Adobe Reader」のご利用により、印刷物をほぼそのままのかたちでご覧いただけ、プリンターで印刷することもできます。
PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方はAdobe社のサイトよりダウンロードのうえご利用ください。