ボランティアノートテイク

ノートテイクボランティアとは、聴覚に障がいを持つ学生などが授業を受ける際のサポーターとして、その学生の隣に座り、手書き又はパソコンで先生の話している内容や、教室内で聞こえてくる情報を記述して、「今、教室で何が話されているのか」をリアルタイムに伝えるものです。 自分の授業のない時などの空き時間に、通常1コマ(100分)毎に原則2名が一組になり、10~15分交代でノートテイクを行います。講義毎に謝礼(図書カード又はミールカード1,000円分)をお渡ししています。お気軽にお問い合せください。(042-674-3480:学事・社会連携課 ノートテイク担当)

下記リンクをご参照ください。

※ノートテイクボランティアについては、現在多摩キャンパスのみで利用可能ですが、他キャンパスでも順次、準備をしたいと思います。