研究助成課新着ニュース

2019年02月08日

2020年度採用分 日本学術振興会特別研究員(DC・PD・RPD)の募集について

2020年度採用分 日本学術振興会特別研究員(DC・PD・RPD)の募集が始まりました。

 

DC・PD:日本学術振興会では、大学院博士課程在学者及び大学院博士課程修了者等で、優れた研究能力を有し、大学その他の研究機関で研究に専念することを希望する者を「特別研究員」に採用し、研究奨励金を支給しています。

 

★対象 DC1:2020年4月時点で、博士課程1年次の方

    DC2:2020年4月時点で、博士課程2・3年次の方

    PD :2020年4月時点で、博士号を取得後5年未満の方(取得見込みの方を含む。)


RPD:日本学術振興会の特別研究員事業の一環として、優れた若手研究者が出産・育児による研究中断後に円滑に研究現場に復帰する環境を整備するため、研究奨励金を一定期間支給し、研究活動再開を支援しています。

 

★対象 RPD:2020年4月時点で、博士号を取得している方(申請時点では取得見

       込みでも可)で、① 2020年4月1日時点で未就学児を養育してお

       り、その子の出産・育児のため、2012年10月1日から2019年3月3

       1日の間に3ヶ月以上研究活動を中断した方、または、② 出産又は

       疾病や障害のある子を養育したため、2014年4月1日から2019年3

       月31日の間に、3ヶ月以上研究活動を中断した方(年齢・性別問わ

       ず)。


 なお、申請を希望する場合は、受入先(受入研究者の所属)となる研究機関を通じて、申請書を提出することと定められております。

 本学での申請書類の提出締切及びweb入力に必要なID・パスワード発行については、以下『2020年度採用分 日本学術振興会特別研究員(DC・PD・RPD)の募集について』をご覧ください。