研究助成課新着ニュース

2019年02月04日

科学研究費(基金分)翌年度の支払請求について

科学研究費(基金分)翌年度の支払請求について
 
1.2019年度支払請求について
 基金種目である「基盤研究C」「挑戦的研究(萌芽)」「若手研究B」「若手研究」の継続課題につきましては、翌年度に必要な研究費の支払請求を必ず行っていただく必要がございます

2.手続きについて
支払請求は、以下の手順にて書類作成をお願いいたします。

①科研費電子申請システムにログインする(文末のリンクをクリックして科研費電子申請システムトップページの「研究者ログイン」からお進みください。)
②操作マニュアルの要領で、電子申請システムから「様式F-2、『科学研究費助成事業 支払請求書』」を作成する
③電子申請システムで作成した『支払請求書』を送信する。


3.学内提出締切日
  2019年2月20日(水)17時
  ※電子申請システムから送信をお願いいたします。 

4.その他留意事項
(1)4月1日より、所属機関が変更となる場合

2019年4月1日より所属機関が変更になる場合も、上記期日までに本学で手続きを行ってください。e-radで表示される研究者情報は、支払請求日時点の情報で差し支えありません。
 4月以降に、一旦中央大学で2019年度の支払請求額を受領した後、2018年度の未使用額(残額がある場合)と併せて、異動後の所属機関に送金手続きをいたします。
 所属機関が変更になる場合は、異動後の機関の科研費担当部署連絡先について、お早めに本学科研費担当部署までご連絡くださいますようお願いいたします。


 (2)研究分担者で、2019年度は研究に参画しない方がいる場合

 交付申請書に記載した研究分担者が、2019年度に補助事業を行わない予定の場合でも、補助事業期間を通じて研究に参画している場合は、研究分担者から削除する必要はありません。2019年度のエフォート、所要額、請求額欄には「0」を入力してください。


 (3)2019年度より研究分担者を変更(追加、削除)する場合

支払請求の手続に加えて、研究分担者変更承認申請(F-9-1)の手続きを電子申請システムより行ってください。入力後は、支払請求書類と同様に、2月20日までに電子申請システムから送信ください。

※ 研究分担者を新たに追加する場合は、「科学研究費助成事業研究分担者承諾書」も合わせてご提出ください。


(4)2019年3月末(2018年度中)までに補助事業を廃止する場合
支払請求を行わないようにお願いいたします。詳細は科研費担当までお問い合せください。

                                         以上