理工学研究所新着ニュース

2014年12月01日

理工学部教授 米満賢治:研究成果がNature Communicationsに掲載

電子の動きを光で凍結 ~レーザー光で有機金属を絶縁体に変える~
 
 東北大学大学院理学研究科の岩井伸一郎教授、石原純夫教授、中央大学理工学部の米満賢治教授、岡山理科大学大学院理学研究科の山本薫准教授、名古屋大学大学院工学研究科の岸田英夫教授、東北大学金属材料研究所の佐々木孝彦教授らのグループは、有機金属中の電子の動きをレーザー光の照射によって凍結、秩序化することに成功しました。
本研究成果は、英国科学雑誌Nature Communications に受理され、平成26年11月24日(月)19:00(日本時間)付けでオンライン掲載されました。

詳細は以下のリンク先をご覧ください。