政策文化総合研究所イベント

公開研究会「現代ロシアにおける信仰の諸相:ロシア正教古儀式派とチベット仏教の場合」開催のお知らせ(政策文化総合研究所)

日程
2019年2月14日(木)13時30分~18時00分
場所
その他 公益財団法人東洋文庫 講演室(2F)
内容

◆プログラム

【挨拶・趣旨説明】

【報告1】

 井上岳彦氏(大阪教育大学教育学部・特任講師)

 「『仏教復興』とは何か:カルムィク人の再布教と民族領域のジレンマ」

【報告2】

 ナタリヤ・リトヴィナ氏(モスクワ大学歴史学部古文献学研究室主任、上級研究員)

 「20世紀後半から現代におけるロシア正教古儀式派共同体の変容
     :ウラル地方と極東地方の共同体の比較」

【報告3】

 井上まどか氏(清泉女子大学文学部・准教授)

 「ソ連解体後のロシアにおける宗教政策とその影響」

【総合討論】     

対象者

研究員以外の先生方、大学院生、学部学生の参加も歓迎します。

参加費

不要

参加手続き

申し込み不要

企画実施名義

【主 催】ユーラシアの変動と日本:移動・交流と社会文化変容(主査:新免 康)

【共 催】科研費・基盤研究(B)・研究課題「ロシアおよび在外古儀式派教徒の歴史・民族誌的研究」