人文科学研究所7.近代日本文学論-大正から昭和へ-

(表紙カバーより)
本書で扱われている室生犀星の詩碑。犀星の故郷金沢の犀川のほとりに立つ。流し雛を型どった赤大理石の美しい碑が、白壁に映える。設計は谷口吉郎による。碑面には、「小景異情」の一節<あんずよ/花着け/地ぞ早やに輝やけ/あんずよ花着け/あんずよ燃えよ>と彫ってある。

1989年11月10日発行
中央大学人文科学研究所 編 中央大学出版部発行
本体価格2,800円(税別)
ISBN 4-8057-5303-X
(A5判360頁)

詩歌論  
1 白秋と雀?歌集『雀の卵』の成立を繞って 川口 紘明
2 大正末期朔太郎の詩について二,三のこと?アンビヴァレンスと原型イメージ 中川 敏
3 伊東静雄の詩 ?《光と闇のあわい》をめぐって 井原 鉄雄
作品論  
1 心的変容の寓話?『田園の憂鬱』論 長田 光展
2 長與善郎『青銅の基督』論 安川 定男
3 異界の人?「禽獣』論 室井 庸一
4 寒流水域の透視?『冬の宿』論 中島 昭和
5 伊藤整『街と村』論 行吉 邦輔
6 金子光晴『マレー蘭印紀行』論 松本 道介
作家論  
1 荷風の好色性 塚本 康彦
2 「大正」から「昭和」を射る者?犀星文学における「責任倫理」問題 相楽 幸助
3 芥川文学とパロディー?『蜃気楼』をトーマス・マン『ドクトル・ファウストゥス』と読み併せて 相馬 久康
4 賢治文学と岩手県の風土 渡部 芳紀