人文科学研究所68.『英国ミドルブラウ文化研究の挑戦』

2018年3月26日発行
中央大学人文科学研究所 編 中央大学出版部発行
本体価格5,100円(税別)
ISBN 978-4-8057-5352-1

目次  
井川 ちとせ
武藤 浩史
第一部 階級横断性と居住空間  
『息子と恋人』の中のミドルブラウ ―階級横断的大衆教養主義の構造─  武藤 浩史
ミドルブラウ文化と郊外と植民地 ―ジョージ・オーウェルの初期小説─ 近藤 直樹
ポピュラー・アイコンか、偉大な芸術か
―L・S・ラウリーの工業風景画にみるミドルブラウ性─
福西 由実子
第二部 歴史とイングリッシュネス   
旅するミドルブラウ ―H・V・モートンとイングランドの再発見─ 見市 雅俊
ジェイン・オースティンのミドルブラウ性
―へイヤーの『アラベラ』における保守とモダニティの間─
小川 公代
エリザベス・ボウエンの『日ざかり』と〈中間〉の力学 長島 佐恵子
ピクチャレスクな都会のイングランド
―ニコラウス・ペヴスナーと第二次大戦後のミドルブラウ・タウンスケープ─
木下 誠
第三部 女性作家とミドルブラウ   
ジャズはミドルブラウ音楽か?
―『幕間』におけるアメリカ文化の受容とイングリッシュネス─
加藤 めぐみ
「一つの世界の市民」としての映画観客
―『クロースアップ』誌と映画『サウス・ライディング』にみられるブラウの戦い─
松本 朗
あるミドルブラウ作家の挑戦 ―新たな秘密の花園を求めて─ 前  協子
第四部 読者と受容   
戦間期における新たなミドルブラウ読者層の創成
―ふたつの『デイリー・メイル』の連載小説を手掛かりに─
渡辺 愛子
ジェイムズ・ボンドはミドルブラウ文化の夢を見るか?
―イアン・フレミング『カジノ・ロワイヤル』と批評の課題の棚卸し─
秦 邦生
 「ミドルブラウ」ではなく「リアル」
―現代英国における文学生産と受容に関する一考察─
井川 ちとせ