人文科学研究所64.『続 英雄詩とは何か』

2017年3月25日発行
中央大学人文科学研究所 編 中央大学出版部発行
本体価格3,200円(税別)
ISBN 978-4-8057-5348-4

目次  
まえがき  
第一部 古代メソポタミア・古代ギリシア  
時間と仲介者
-古代メソポタミアの神話・宗教解釈についての若干の視点-
松島 英子
ギルガメシュの死と死者供養 唐橋 文
ホメロスの叙事詩の評価をめぐって
-古代から現代までの受容の問題-
小川 正廣
第二部 古英詩  
古英語詩『モールドンの戦い』の英雄は誰か
-‘ofermod’の解釈の可能性-
原田 英子
英雄詩としての『モールドンの戦い』再考 唐澤 一友
第三部 中世フランス文学・中世ドイツ文学  
比較神話学から見た騎士ゴーヴァンの諸相
-太陽・チェス・鹿との関連をめぐって-
沖田 瑞穂
三本目の剣を祖国に残すメリヤドゥック
-十三世紀古フランス語韻文物語『双剣の騎士』を読む-
渡邉 浩司
カール大帝の妃に対する不倫疑惑の物語
-『モーラントとガリエ』(『カールマイネット』第二部)について-
渡邊 徳明
研究活動記録