人文科学研究所62.『アーサー王物語研究 源流から現代まで』

2016年3月1日発行
中央大学人文科学研究所 編 中央大学出版部発行
本体価格4,600円(税別)
ISBN 978-4-8057-5346-0

目次  
まえがき  
第一部 アーサー王物語の源流  
アーサー王文学の発生と展開 -八世紀から十三世紀まで- フィリップ・ヴァルテール(渡邉浩司訳)
はじめに  
一 俗語による書き言葉の誕生  
二 アーサー王神話の起源  
おわりに  
ウェールズ伝承文学におけるアーサー物語の位置づけ 森野 聡子
はじめに  
一 ラテン語年代記・聖人伝のなかの「アーサー」  
二 中世ウェールズ詩における「アーサー」  
三 中世ウェールズの散文物語における「アーサー」  
おわりに  
第二部 円卓騎士の諸相  
乳兄弟と兄弟愛―トマス・マロリーの『アーサー王の死』におけるケイの描写― 小宮 真樹子
はじめに  
一 アーサー王伝説におけるケイの変遷  
二 マロリーにおけるケイの描写  
おわりに  
スコットランド抵抗の象徴 モードレッド 小路 邦子
はじめに  
一 ウェールズにおけるモードレッド  
二 イングランドにおけるモードレッド  
三 スコットランドにおけるモードレッド  
おわりに  
ゴーヴァンの異界への旅―クレティアン・ド・トロワ作『聖杯の物語』後半再読 渡邉 浩司
はじめに  
一 名剣と愛馬  
二 異界への入口  
三 異界での試練  
四 妖精たちの城  
五 ゴーヴァンによる医療行為  
おわりに  
第三部 オランダと北欧のアーサー王物語  
中世ネーデルランドにおけるアーサー王文学―ワルウェインをめぐって― 栗原  健
はじめに  
一 ネーデルランドにおけるアーサー王文学の特徴  
二 『ワルウェイン物語』とストーリーの設定  
三 『ワルウェイン物語』におけるワルウェイン像  
四 『ワルウェイン物語』における「異界情緒」  
五 『ランスロ集成』におけるワルウェイン礼賛  
六 『ラヒセルの復讐』におけるワルウェインと女性たち  
おわりに  
フェロー語バラッド『ヘリントの息子ウィヴィント』の三ヴァージョンとノルウェー語バラッド『エルニングの息子イーヴェン』 林  邦彦
はじめに  
一 『ゲァリアン 第一部』、『同 第二部』三ヴァージョン間の相違を巡る先行研究での指摘  
二 『ゲァリアン 第一部』および『同 第二部』の三ヴァージョンとノルウェー語バラッド『イーヴェン』  
おわりに  
第四部 近現代のアーサー王物語  
二人の魔術師―マーク・トウェイン『アーサー王宮廷のコネティカット・ヤンキー』におけるアーサー王物語― 近藤 まりあ
はじめに  
一 コントラストと風刺  
二 『コネティカット・ヤンキー』におけるアーサー王物語  
三 アーサー王国と十九世紀アメリカ南部  
四 二人の魔術師  
おわりに  
アーサー王物語とJ・R・R・トールキン―アヴァロンとエレッセア― 辺見 葉子
はじめに  
一 『アーサーの顚落』―The Fall of Arthur  
二 エアレンデル―神話の始まり  
三 トールキンの「母語」論  
四 「言語霊の訪れ」  
五 トル・エレッセア  
六 西方楽園への航海者たち  
七 『アーサーの顚落』とトールキンの神話  
おわりに  
アーサー王伝説とミシェル・レリスの「聖杯探求」が出会うとき―Beadeverの名をめぐって― 本田 貴久
はじめに  
一 レリスにおけるアーサー王伝説への言及   
二 探求という語をめぐって  
三 「驚異的なるもの」をめぐって  
四 「驚異的なるもの」の探求とアーサー王伝説  
おわりに  
ペルスヴァル、パルジファルとパーシヴァル少年―クリスティーナ・ペリ・ロッシ『狂い船』、「聖杯の騎士」の章を読む 南 映子
はじめに  
一 クリスティーナ・ペリ・ロッシ『狂い船』  
二 パーシヴァルの母  
三 聖杯の騎士パーシヴァル  
おわりに  
研究活動記録