人文科学研究所60.『混沌と秩序』

2014年3月26日発行
中央大学人文科学研究所 編 中央大学出版部発行
本体価格4,900円(税別)
ISBN 978-4-8057-5345-3
(A5判352頁)

序章   本書の意図と構成について 橋本 能
第一章  演劇ジャンル変更の問題-『テュロス国とシドン国』の場合- 伊藤 洋
第二章  ヂュヴァルの劇作法-1628年から1632年の演劇論争を越えて 皆吉 郷平
第三章  マウロの舞台装置を通して見る1620年代後半から1630年代前半までの悲喜劇 浅谷 眞弓
第四章  透視図法背景とオペラの舞台装置家たち 橋本 能
第五章  劇中劇の世界 鈴木 美穂
第六章  十七世紀フランス演劇におけるスペイン物の系譜 冨田 高嗣  
第七章  十七世紀フランス喜劇と古典ラテン喜劇 榎本 恵子
第八章  フランス十七世紀女性劇作家たち 野池 恵子
第九章  教会と演劇 戸口 民也
第十章  古典主義喜劇の傑作と言われる『タルチュフ』が投げかける諸問題 鈴木 康司
あとがき  
主要人物索引  
作品名索引