人文科学研究所56.『第二次世界大戦後のイギリス小説 ベケットからウィンターソンまで』

2013年3月5日発行
中央大学人文科学研究所 編 中央大学出版部発行
本体価格4,200円(税別)
ISBN 978-4-8057-5341-5
(A5判352頁)

まえがき  
『モロイ』に潜むホロコーストの足音 鈴木 邦成
ウィリアム・ゴールディング『尖塔』におけるヴィジョンの変容 丹治 竜郎
バーバラ・ピムと「古き良き」イギリス 新井 潤美
アイリス・マードックの小説における同性愛者 大道 千穂
ジョン・ファウルズの軌跡 深澤  俊
初期ニュレフトの労働者階級文化を超えて―アラン・シリトー『土曜の夜と日曜の朝』- 糸多 郁子
フィリップ・ラーキンの小説『ジル』と『冬の女』 森松 健介
ローランドが手にしたもの-A・S・バイアット『抱擁』の塔と地下室 船水 直子
『アウト・オブ・ジス・ワールド』-ビーチ家の人々- 野呂    正
『ダン・リーノとライムハウスのゴーレム』における反復について 永松 京子
カズオ・イシグロの『遠い山なみの光』小論-曖昧さの考察 安藤 和弘
傷ついた物語の語り手によるメタ自伝-ジャネット・ウィターソンの『オレンジだけが果物じゃない』と『普通になれるなら幸せにならなくていいじゃない?』- 川崎 明子
あとがき  
索引