人文科学研究所45.語りの諸相 -演劇・小説・文化とナラティヴ-

2009年3月5日発行
中央大学人文科学研究所 編 中央大学出版部発行
本体価格2,800円(税別)
ISBN 978-4-8057-5334-7
(A5判250頁)

まえがき  
『氷屋来る』-ヒッキー・ナラティヴの謎- 長田 光展
『夜への長い旅路』-闇の彷徨が意味するもの- 大森 裕二
『尺には尺を』における眼差しと語り-ハムレットの呪詛が谺する世界- 若林 敦
一九四〇年代アメリカの喜劇におけるナラティヴの手法
Arsenic and Old Lance と Harvey における狂気の扱いの考察-
黒田 絵美子
変容するナラティヴ-「バタフライ・ナラティブ」を語り継ぐ- 新井 典子
魅惑と戦慄の風景 -ハロルド・ピンターの演劇世界- 百瀬 泉
ヴァージニア・ウルフ、『波』のナラティヴ 小野 素子
祭儀の物語性と劇性について-カロリング朝時代のミサの変化を例に- 石田 雄一
愛の語り-大学教育再建のための理念と方法論の提供- 小山 郁夫