人文科学研究所44.カトリックと文化 出会い・受容・変容

2008年3月10日発行
中央大学人文科学研究所 編 中央大学出版部発行
本体価格5,700円(税別)
ISBN 978-4-8057-5333-0
(A5判478頁)

カトリック史における異文化の受容と変容について -前書きにかえて-  
第 I 部  
カトリックにおけるマリア観 熊田陽一郎
戦後のドイツ・カトリック教会の状況
-一九六〇-七〇年代を中心に
シェーパース・ゲァハート
カトリックの典礼音楽に見る東西文化の融合 新垣壬敏
第 II 部  
インド・ケーララ州の「聖トマス・キリスト教徒」 
-「聖トマスの道」と「聖ペドロの道」
髙橋英海
フランシスコ・ザビエルのコミュニケーション原理の先進性について-  吉村謙輔
外交史料集『通航一覧続輯』の特質 
-フォルカード神父来琉記事の側面から
木﨑弘美
奉教士人王徴 -東林派と天主教 葛谷 登
旧韓末における朝鮮のカトリック  イヒョンナン
エレン・ケイ、本間久雄、そして米沢におけるキリスト教の普及 平田耀子
日本に悪い子はいない -フラナガン神父の日本訪問 今まど子
第 III 部  
日本を題材にしたイエズス会劇 竹中昌宏
不条理、そしてそれを超えるもの 
-シュティフターの『曽祖父の書類綴じ』を中心に
戸口日出夫
イェイツの「動揺」 -カトリシズムへの誘いと拒絶 三好みゆき
回心のフォルム -李家同の文体 山本明