人文科学研究所4.イギリス・ルネサンスの諸相?演劇・文化・思想の展開

(表紙カバーより)
ピーテルブリューゲル≪農民の踊り≫(1568年頃),ウィーン市・美術史美術館蔵。絵の舞台であるネーデルラントとイングランド東部地城とは,当時盛んな往来があった。

1989年4月1日発行
中央大学人文科学研究所 編 中央大学出版部発行
本体価格4,078円(税別)
ISBN 4-8057-5302-1
(A5判514頁)

中世的伝統とシェイクスピア
1 『ヴェニスの商人』『尺には尺を』と贖罪論 青木 和夫
2 ルネサンス・カオスと『リア王』?祝祭および演劇における交流の思想 小山 郁夫
3 民衆演劇の歴史ヴィジョン?「悪徳」的人物の〈司会・演出〉機能の展開 百瀬 泉
盛期ルネサンス文化の底流
4 ルネサンス英国の精神風土と音楽?その多面性と本源性への一考察 富永 道夫
5 ウイリアム・ライトヘの旅?切支丹迫害と国教忌避者の秘められた絆 竹中 昌宏
6 ヘンリー・ピーチャム『完全なるジェントルマン』
?イギリス・ルネサンスにおけるコンダクト・ブックの一断面
三枝 幸雄
7 修辞的論証のパラドクス?フィリップ・シドニー『詩の弁護』小論 川口 紘明
後期ルネサンス思想の結実
8 メランコリー・人間・社会?ロバート・バートン『メランコリーの解剖』に関する覚書 上坪 正徳
9 「忘却によって認識はつくられる」?サー・トマス・ブラウン『一般的謬説』論 秋山 嘉
10 ホッブズ思想の現代性?最「弱者」の思想 相楽 幸助