人文科学研究所3.英国十八世紀の詩人と文化

(表紙カバーより)
本書中に多数の引用と言及が見えるJames Thomson の自然詩『四季』の1758年版〈春)に付して,ドイツ系の画家G.L.Crusiusが描いたもの。
春の田園の風物を背景に,それぞれ寓意を持つと思われる人物が配されている。

1988年3月30日発行
中央大学人文科学研究所 編 中央大学出版部発行
本体価格3,000円(税別)
ISBN 4-8057-5301-3
(A5版368頁)

I 「大いなる眠り」への回帰 —A・ポープ作『ダンシアッド』についての試論 里麻 静夫
II 牧歌から自然詩ヘ —世紀前半の詩法の変遷 森松 健介
III ジェームズ・トムソン —『四季』 坂川 雅子
IV 風景の変容 —ピクチュアレスクから,スポッツ・オブ・タイムまで 川口 紘明
V スコットランドの旅 —ジョンソンとボズウェル 諏訪部 仁
VI シェイクスピア批評の展開 —サミュエル・ジョンソンからS・T・コールリッジヘ 上坪 正徳
VII ロマンスと喜劇 —『分別と多感』の場合 松本 啓