人文科学研究所28.民族問題とアイデンティティ

(表紙カバーより)
「鳥の巣」(1980)アイヌの彫刻家砂澤ビッキ氏の作品。(「砂澤ビッキ作品集」用美社発行より)

2001年7月30日発行
中央大学人文科学研究所 編 中央大学出版部発行
本体価格4,200円(税別)
ISBN 4-8057-4206-2
(A5判348頁)

 
第Ⅰ部  
「ウチナーンチュ」とは誰か 長谷川曾乃江
第一章 「ウチナーンチュ」と「ヤマトンチュ」  
第二章 「ウチナー」と「ヤマト」の歴史  
第三章 「ウチナーンチュ」のいま  
第四章 世界の中のオキナワ  
二十一世紀の「在日」のアイデンティティ?「関係性」のあり方 尹 健次
第一章 在日の現在  
第二章 在日を規定するものは何か  
第三章 「関係性」とナショナル・アイデンティティ  
第四章 「自己」とふたつの「他者性」  
第五章 在日にとっての「ポストコロニアル」  
第六章 自己の出自を確認する歴史意識  
第Ⅱ部  
少数民族の思想/現実と理想の間で?1920年代の「トランシルヴァニア主義」の動向 伊藤 義明
第一章 消極活動から積極活動への転換  
第二章 出版物による積極活動  
第三章 政治的積極活動  
第四章 対立する思潮  
1   セクフューの民族思想とトランシルヴァニア観  
2   サボーのトランシルヴァニア主義批判  
第五章 「トランシルヴァニア主義」と文学の役割  
第六章 おわりに?マロシュヴェーチの『エルデーイ・ヘリコン』  
ドイツにおけるエスニック・マイノリティ 星野 智
  はじめに  
第一章 ドイツにおける外国人労働者  
第二章 外国人労働者の社会的・経済的な地位  
第三章 エスニシティと成層化  
第四章 トルコ人の生活と労働  
  おわりに  
問われるジャコバン共和国?フランスにおける共和主義と多文化主義 三浦 信孝
第一章 ガット・ウルグアイラウンド「文化特例」の両義性  
第二章 1989年の転換、ナショナル・アイデンティティの時代へ  
第三章 普遍主義こそ「フランス的例外」である  
第四章 レジス・ドゥブレの変貌、社会主義からナショナル共和主義へ  
第五章 「相違への権利」とジャコバン対ジロンダン  
第六章 共和主義のコミュノタリザシオン  
第七章 なぜ共和国を問題にするのか?  
第Ⅲ部  
われらが生みだしたる憎悪?国家間民族紛争への非決定論的アプローチ モジュタバ・サドリア
   序論  
第一章 従来の政策と理論の限界  
1   政策の限界  
2   理論の限界  
3   国際関係論における民族紛争研究  
第二章 民族紛争へのアプローチ  
1   本章の概要とアプローチ  
2   紛争拡大理論  
3   紛争相互作用理論  
4   紛争変容理論  
  まとめ  
民族問題は人類のアポリアか?
?ローザ・ルクセンブルクの『民族問題と自治』をめぐって
伊藤 成彦
はじめに 冷戦終結・社会主義体制の崩壊と民族問題の台頭  
第一章 ローザ・ルクセンブルクの民族理論の特徴  
第二章 ローザ・ルクセンブルクの民族理論の背景  
1   民族主義か、国際主義か?ポーランド社会主義運動の二つの潮流  
2   社会主義インター第三回(チューリヒ)大会での対立  
第三章 マルクス・エンゲルスのポーランド独立支援論との対決  
1   ポーランド問題論争  
2   ポーランド問題とマルクス・エンゲルス  
3   「社会愛国主義」批判  
4   カール・カウツキーのポーランド独立支持論と社会主義インター・ロンドン大会  
第四章 民族の国家的独立か、自治か??レーニンとの理論的葛藤  
1   スイスからドイツへ?理論から実践へ  
2   「民族問題」の転換期(1989?1903)  
3   ルクセンブルクVSレーニン?最初の対立  
第五章 『民族問題と自治』への助走  
1   助走?論集『ポーランド問題と社会主義』  
2   助走?「われわれは何を要求するのか??ポーランド王国・リトアニア社会民主党綱領へのコメント」  
3   1905年?ロシア革命の中で  
4   レーニン・ボルシェビキとの協力  
第六章 『民族問題と自治』の位相  
1   『民族問題と自治』の執筆経過?書簡から  
2   民族自決権の否定  
3   「国民」国家の廃絶  
4   中央集権化と地域自治  
5   「民族自治」の条件  
6   「ポーランドの自治」の領域  
7   『民族問題と自治』は未完か?  
第七章 『民族問題と自治』への批判と評価  
1   レーニンの批判  
2   「民族国家」VS「自治」  
3   レーニンとローザ・ルクセンブルクの理論的相違点と歴史の現実  
4   ローザ・ルクセンブルクの民族問題論  
  おわりに