人文科学研究所26.近代劇の変貌 「モダン」から「ポストモダン」へ

(表紙カバーより)
ハイナー・ミュラー「ゲルマニア・ベルリンの死」(1988年・マンハイム)

2001年3月31日発行
中央大学人文科学研究所 編 中央大学出版部発行
本体価格4,700円(税別)
ISBN 4-8057-5319-6
(A5判424頁)

まえがき  
第1章 イギリス  
「凄絶の美」と「荒ぶる獣」の変貌?イェイツとベケットの演劇宇宙 百瀬 泉
1 ニーチェとの出会い  
2 日本能演劇の衝撃  
3 イェイツ・アイルランド・詩劇  
4 『ゴドーを待ちながら』  
5 ベケットの不滅の新しさ  
ブライアン・フリール ?言語と歴史と 小林 清衛
     はじめに  
1 移民?行く者と帰る者と  
2 歴史への埋没  
3 新たな出発  
4 翻訳とは  
     結び  
レナード・ウルフなんか怖くない??エドナ・オブライエン『ヴァージニア』 小野 素子
     はじめに  
1 オブライエンとウルフ  
2 『ヴァージニア』梗概  
3 ある結婚の肖像  
4 フェミニズムとの関連  
     おわりに  
トム・ストッパード ?ポストモダン・コメディ 竹中 昌宏
1 記憶の不確さ  
2 言語遊戯  
3 歴史の探求  
4 カオス  
     結び  
現代演劇源流論?境界領域を再検証する グレアム・ブラッドショー
1 イングランドの場合  
2 境界地帯を整序しなおす  
3 「ドランマ・ペル・ムジカ」  
4 再現と隠喩  
5 グランド・オペラからミュージック・シアターへ  
第2章 アメリカ  
テネシー・ウィリアムズ?ポスト・モダンへの挑戦 黒田 絵美子
     はじめに  
1 主人公を閉じ込める舞台設定  
2 観客の位置づけ  
3 敵対者の設定  
4 「追憶劇」という手法  
5 ゴースト・プレイ  
     結論  
ポストモダンの劇作家ランフォード・ウィルソン?マイノリティーの視点から 長田 光展
1 ウィリアムズ、オールビーの影?ウィルソンの出発  
2 独自の世界を模索して?ミニマリズム、モザイク画法  
3 創造力の源泉?パーソナルなテーマの発見  
4 「周辺的ヴィジョン」の確立?『エルドリッチの歌い手たち』  
5 ウィルソン的世界の登場?『塚を築く人々』と女性の反乱  
6 アメリカの死と再生のヴィジョン?タリー家三部作の世界  
7 『これを燃やせ』?「パーソナルになること」の意味  
デイヴィッド・マメット劇における演出?閉鎖的な世界にかいま見える真実 ジョン・M・ブロウカリング
     はじめに  
1 舞台装置  
2 演劇的効果  
3 主要なテーマ  
4 演出と主題の相互関係  
     結論  
デイヴィッド・ヘンリー・ウォン『響きと美』?たましいの響き、たましいの美 大森 裕二
1 『声の響き』  
2 『眠れる美女の館』  
第3章 ロシア・ドイツ・中国  
スタニスラフスキー・システムについて
?モダン、ポストモダンを超える「科学」=「演劇的知」
中本 信幸
1 混迷の時代、「演劇の死」  
2 スタニスラフスキー見直し  
3 社会主義リアリズムと「システム」  
4 身体的行動の方法  
5 「遺言」、波紋をひろげる  
6 メッソードの限界  
7 紹介にゆがみ  
8 新資料がひらく地平  
9 むすび?新世紀の「演劇的知」  
未完の神聖な喜劇?ジョージ・タボーリ「ゴルトベルク変奏曲」 平山 令二
     はじめに  
1 あら筋  
2 宗教と演劇  
3 ユダヤ人の苦難史  
     おわりに  
演劇が聞こえる風景
?ハイナー・ミュラーの『絵の記述』と『ヴォロコラムスク幹線路』を例に
石田 雄一
1 戯曲のページレイアウト  
2 『ヴォロコラムスク幹線路』と『絵の記述』  
3 「見ること」と「聴くこと」の分離  
高行健の劇作について ?中国演劇の「ポストモダン」 飯塚 容
     はじめに  
1 遅れてきた「モダン」と早すぎた「モダン」?『絶対信号』『バス停』から『野人』まで  
2 中国への置き土産?『彼岸』と『冥城』  
3 中国との訣別、中国へのこだわり?『逃亡』と『山海経伝』  
4 「モダン」を超えて?『生死界』『対話と反問』『夜遊神』  
5 新たな演劇の創造を目指して?『周末四重奏』と『八月雪』  
     おわりに