人文科学研究所25.ケルト復興

(表紙カバーより)
ジョージ・ムア氏を妖精の女王にひき合わせているW.B.イェイツ氏?マックス・ビアホームによる諷刺画(アイルランド国立美術館National Gallery of Ireland 所蔵)

2001年3月31日発行
中央大学人文科学研究所 編 中央大学出版部発行
本体価格6,600円(税別)
ISBN 4-8057-5318-X
(A5判576頁)

緒言  
第一部  
第1章 ブルターニュにおけるケルト的なるものの生成 原 聖
1 ケルトマニアとブルターニュ  
2 19世紀ブルターニュにおけるケルト的なるもの  
第2章 「土地戦争」前後 上野 格
1 「土地戦争」とは何を指すか?時期区分と対立関係?  
2 「土地戦争」または「土地問題」の重要性  
3 土地法  
第3章 アイルランドにおけるゲーリック・リヴァイヴァルの諸相 小田 順子
1 ゲーリック・リーグ  
2 アングロ・アイリッシュの文人たち  
3 パン・ケルティック・ムーヴメント  
4 アイリッシュ・アイルランダーズ  
第4章 十九世紀アイルランド・カトリシズム?伝統と刷新? 盛 節子
1 アイルランド・カトリック教会復興の動向と課題  
2 アイルランド・カトリシズムの形成?伝統と刷新  
3 宗派別制度と宗派共生をめぐって  
第5章 「ウェールズ復興」?1880‐1910年? 永井 一郎
1 前史  
2 文化運動  
3 自治獲得運動  
4 自治運動挫折の原因  
第6章 「ゲールの土地」という観念について?1880年代前半のスカイ島事情を中心に? 小菅 奎申
1 19世紀のハイランド概観  
2 「ゲールの土地」  
3 1880年代前半のスカイ島事情  
4 総括と展望  
第7章 イングランドにおける「ケルト」像?雑誌記事を中心に? 三好みゆき
1 「ケルト」とは何であったか  
2 「黒いケルト」?「ケルト」の人類学をめぐって?  
3 感情的で女性的な「ケルト」?アーノルドの『ケルト文学の研究』をめぐって?  
4 「ケルト」と大英帝国  
第8章 言語・人種・国民?19世紀末のアイルランド系アメリカ人? 松本 悠子
1 ニューヨークのアイルランド系アメリカ人と「愛国運動」  
2 アメリカにおけるゲール復興運動  
3 「亡命者」とアメリカ市民  
4 アイルランド「人種」  
第二部  
第9章 薄明と喧騒と?アイルランド文芸復興の揺籃期をめぐって? 松村 賢一
1 『オシアン』からオシアンへ  
2 ベッドフォード・パークから薄明の中へ?発端への旅  
3 クール・パークから喧騒の中へ?演劇運動の胎動?  
第10章 アイルランド演劇運動とW・B・イェイツ?民族文化の再構築? 木村 正俊
1 ネイションのための劇場  
2 演劇改革の動き  
3 劇作家集団のダイナミズム  
4 アイルランドの俳優たち  
5 ナショナリズムと芸術の対立  
第11章 戦いの喜劇?『ウェイク』が織りなす愛蘭土模様? 大澤 正佳
1 「兵どもが夢のあと」  
2 戦場の喜劇役者  
3 将軍の死  
4 歴史とフィクション  
5 愛蘭土「ヘテロ」模様  
6 「おもしろうてやがて悲しき」  
第12章 文芸復興と近代小説における想像性?ジョージ・ムアを中心に? 北 文美子
1 文芸復興と小説  
2 文芸復興と小説家ジョージ・ムア  
3 小説というジャンル?反‐文芸復興への布石  
第13章 スコットランドと19世紀末ケルト復興運動
?「フィオナ・マクラウド」ことウィリアム・シャープの場合?
松井 優子
1 スコットランドと「ケルト」  
2 「ケルト」作家フィオナ・マクラウドの誕生  
3 マクラウドとケルティック・ルネッサンス  
第14章 アイリッシュ・アメリカンの文字
?オニールとフィッツジェラルドの「ブラック・アイリッシュ」
武藤 脩二
1 アメリカの「ケルト」復興  
2 ブラック・アイリッシュ?オニールの場合  
3 ブラック・アイリッシュ?フィッツジェラルドの場合  
  索引