人文科学研究所24.イデオロギーとアメリカン・テクスト

(表紙カバーより)
ニューヨーク市のブルックリンとマンハッタン島を結ぶブルックリン橋近景。(中央大学経済学部助教授江田孝臣氏提供

2000年3月30日発行
中央大学人文科学研究所 編 中央大学出版部発行
本体価格3,700円(税別)
ISBN 4-8057-5317-X
(A5判320頁)

まえがき  
コットン・マザーの戦記について 根本 治
     はじめに  
1 その土地は我らがもの  
2 ピューリタンの指導者は嘘と無縁か  
3 指導者たちの土地への関心  
4 コットン・マザーの語り方  
5 物語への懐疑  
19世紀アメリカに蔓延する「疫病」?L.M.チャイルドとH.メルヴィルの接点 牧野 有通
     はじめに  
1 疫病という現実  
2 文明という名の病い  
3 象徴化する「疫病」  
4 蔓延する狂気  
     結び  
バートルビーの「ある神秘的なる目的
?バーコヴィッチ的、and/yet反「共和国」的
荒 このみ
1 バートルビーの死  
2 仮定によるアメリカ社会  
3 ロゴクラシー  
4 「ディス/オーダー」あるいは「オーダーの解体」  
5 沈黙による主張  
6 「奇妙な生き物」が取り憑く  
7 死の手紙/死んだ手紙  
8 永遠の「ヒューマニティ」  
『ヘンリー・アダムスの教育』補記?空白の(削除された)20年 岡本 正明
     はじめに  
1 政治改革運動  
2 『アメリカ史』の執筆  
3 妻マリアンの自殺  
4 日本、そして南太平洋  
     結びにかえて  
世紀転換期のサンチョ・パンサたち?トウェイン、アダムズ、バーコヴィッチ 村山 淳彦
     まくら  
1 バーコヴィッチ  
2 ミラー  
3 労働騎士団  
4 帝国主義  
5 トウェイン  
6 アダムズ  
     むすび  
サクヴァン・バーコヴィッチの批評モデルの現在?『アメリカの嘆き』から『同意の儀礼』へ 福士 久夫
     はじめに  
1 『アメリカの嘆き』の「まえがき」  
2 「アメリカ型エレミアの嘆き」の抽出  
3 「嘆き」の「曖昧性」と自己転化  
4 「嘆き」の「二極性」  
5 「嘆き」と「非アメリカ性」の挑発  
6 「アメリカの嘆き」とアメリカ・ルネッサンス  
7 「反嘆き」の概念  
8 批評モデル?「文化の諸カテゴリーの外に出る」  
9 「ディセンサスの時代」?『アメリカの嘆き』以後へ  
10 「非超越の解釈学」としての「文化横断的批評」へ  
11 テクストとコンテクスト  
12 イデオロギーの媒介  
13 ラディカリズムと取り組み理論  
14 芸術とイデオロギーの二分法  
15 古典作家たちの逆説的なラディカリズム  
16 「非超越の解釈学」  
17 むすびに代えて?イーグルトンの「内在批判」論  
人名索引