人文科学研究所23.アジア史における法と国家

(表紙カバーより)
東アジア全域に影響を与えた唐律令の、唐代の写本。ペリオによって敦煌から将来された「職制律」残巻(p.3608)の一部。官庁を主管する長官が財物を受け、収賄によって法を枉げた場合の処罰規定の条文。

2000年3月30日発行
中央大学人文科学研究所 編 中央大学出版部発行
本体価格5,100円(税別)
ISBN 4-8057-4205-4
(A5判444頁)

国家制度の比較史的分析のための序説 菊池 英夫
中国古代の法典編纂について 池田 雄一
     はじめに  
1 律令以前の規範  
2 礼と刑?法典の編纂  
3 法典の集大成  
     おわりに  
市に集まる人々?張家山漢簡『奏?書』案例二二をめぐって 飯島 和俊
     はじめに  
1 市をめぐる事件例  
2 市に集まる人々  
3 戦国時代の市  
     おわりにかえて  
隋唐時代のタングートについて?西夏建国前史の再検討(1) 岩﨑 力
     はじめに  
1 宕昌と初期タングート諸大姓  
2 唐のタングート覊縻政策  
3 八世紀タングート大姓の実態と覊縻都督府・州  
4 九世紀拓抜平夏部と河西党項の実態  
5 九世紀周辺諸民族の動向とタングートの擾乱  
6 吐蕃王国の崩壊とタングート諸民族  
7 宣宗朝のタングート政策  
8 定難軍節度使の誕生  
日本・高麗関係に関する一考察?長徳三年(九九七)の高麗来襲説をめぐって 石井 正敏
     はじめに  
1 平安時代の高麗観  
2 長徳三年の日麗交渉  
3 長徳三年五月到来の高麗牒状  
     むすび  
沈萬三一族の藍玉の獄 川越 泰博
     はしがき  
1 陳高華氏論文簡介  
2 沈萬三一族と藍玉の獄  
     むすび  
親族へのサダカの分配について?初期法学派の学説と預言者のスンナ 医王 秀行
     はじめに  
1 コーランに見える血縁、親族  
2 アブー・ウバイド「財政論」における親族へのサダカの分配  
3 シャーフィイー「キターブ・アルウンム」より  
4 預言者のハディースに見る親族へのサダカの分配  
おわりに  
マムルーク朝における遺産相続
?セント・カテリーヌ修道院文書の事例から
松田 俊道
     はじめに  
1 遺産の処分方法  
2 財産証書の史料的性格  
3 セント・カテリーヌ修道院文書の遺産相続  
4 財産証書の機能  
5 マムルーク朝時代の遺産相続  
     むすび  
16世紀オスマン朝のエジプト支配についての若干の考察
-アラビア語とトルコ語の年代記史料の性格をめぐって
熊谷 哲也
     はじめに  
1 両史料の基本的性格  
2 司法面における記述例をめぐって  
3 人名の不一致の例をめぐって  
4 編集姿勢をしめす例をめぐって  
     おわりに  
イギリスのインド統治機構の再編成-1858年?72年 山崎 利男
     はじめに  
1 イギリス国王の直接統治  
2 行政と立法  
3 司法  
4 官僚制度  
     おわりに  
あとがき