人文科学研究所2.希望と幻滅の軌跡-反ファシズム文化運動

(表紙カバーより)
ジョン・ハートフィールドのフォトモンタージュ「ジュネーブの精神?資本の生きるところ,平和は生きられない!」1932年

1987年3月30日発行
中央大学人文科学研究所 編 中央大学出版部発行
本体価格3,500円(税別)
(A5判434頁)

第1章 フランス・プロレタリア文学論争序説 高橋 治男
第2章 両大戦間フランスの政治的演劇 ?≪パリ労働者劇団≫と≪十月グループ≫をめぐって? 相磯 佳正
第3章 亡命への演劇 ?ブレヒトとヴォルフに見る労働者階級との協働? 五十嵐 敏夫
第4章 フォトモンタージュの政治的機能 ?『A?I?Z』とジョン・ハートフィールド? 石黒 英男
第5章 フランス人民戦線の<文化革命>の一側面 ?有給休暇と<余暇の組織化>? 広田  功
第6章 <孤島>時期の上海 ?記録文学集『上海の一日』について? 井口 晃
第7章 人民戦線思想とスターリン時代 ?覚書風に? 酒井 昌美
第8章 道を求めて ?クラウス・マンの亡命への軌跡? 斎藤 佑史
第9章 ジョージ・オーウェルとイギリス共産党のスペイン戦争への対応 吉田 武士
第10章 ヴェルモレルの『ジャンヌは我等とともに』について ?パリにおけるドイツ占領下の演劇統制の一例? 橋本 能
第11章 第二次大戦初期のスタインベック 大浦 暁生