人文科学研究所19.ツェラーン研究の現在 詩集『息の転回』第1部注釈

(表紙カバーより)
1958年ないし59年のツェラーン。妻ジゼルの撮影による。パリ、ロンシャン通り78番地の自宅にて。

1998年3月31日発行
中央大学人文科学研究所 編 中央大学出版部発行
本体価格4,700円(税別)
ISBN 4-8057-5314-5
(A5判448頁)

まえがき    
詩集と注釈について 北 彰
  Ⅰ詩集について  
  Ⅱ注釈のために  
  Ⅲ注釈について  
第一章 注釈  
1 あなたは遠盧せずにぽくを 相原 勝
2 夢見られざるものに 水上 藤悦
3 扉の隙間に置かれた 鍛冶 哲郎
4 来るべきものの北方の川々のなかで 富田 裕
5 あなたの晩い顔の前に 北 彰
6 憂欝の早瀬を抜け 佐藤 俊一郎
7 数たち 前田 良三
8 おまえの手にある 高橋 慎也
9 掘り削られた 相原 勝
10 地に向けて歌われる帆柱を立て 本江 邦夫
11 こめかみ鉗子 水上 藤悦
12 霰のふるなか 鍛冶 哲郎
13 たたずむこと 富田 裕
14 目覚めては 北 彰
15 あの追われる者たちと 佐藤 俊一郎
16 糸の太陽たちが 前田 良三
17 蛇の車に乗せて 高橋 慎也
18 鏡肌の条線 本江 邦夫
19 言葉の堆積 相原  勝
20 (おまえのことはわかっている) 水上 藤悦
21 おまえの言葉の光の風に 鍛冶 哲郎
第二章 書簡紹介 訳:相原 勝・北 彰
第三章 論文・エッセイ・研究紹介  
1 べーダ・アレマン「バウル・ツェラーンの新たな詩集『息の転回』によせて」 戸口 日出夫
2 ハラルト・ヴァインリヒ「収縮」 戸口 日出夫
3 ジェームズ・K・ライアン
「ユダヤ人、反ユダヤ主義、迫害妄想?ツェラーンの〈危機〉1960?62年」
戸口 日出夫
4 ツェラーンは何を読んだか?ツェラーンの蔵書について 水上 藤悦
第四章 ツェラーン研究史 相原 勝
第五章 ツェラーン年譜 相原 勝
あとがき  
索引