人文科学研究所16.ケルト 生と死の変容

(表紙カバーより)
アイルランド中部,クロンマクノイズ(オファリー州)のハイ・クロスで、一名「聖書十字架」。現存する最も古く,また美しい十字架の一つ。10世紀頃(?)
19世紀中頃に描かれたこの絵は、背景(西)にシャノン河と城跡を配している。ヘンリー・オニール画(1857年)。アイルランド国立図書館所蔵。

1996年7月15日発行
中央大学人文科学研究所 編 中央大学出版部発行
本体価格3,700円(税別)
ISBN 4-8057-5311-0
(A5判368頁)

ケルトの方へ-序にかえて 小菅 奎申
異界と海界の彼方 松村 賢一
  一   ケルト文学にみる異界  
  二   アシーンと浦島子  
アイルランド修道院文化と死生観-救いと巡礼 盛 節子
  一   「救いと巡礼」  
  二   救いの表象  
  三   救いと終末観  
  四   救いと「聖人の埋葬地巡礼」  
『マビノーギ』にみられる「生」と「死」 木村 正俊
  一   現世と他界との往還  
  二   他界のヴィジョン  
  三   呪法の支配力  
  四   聖なる存在ヘの信仰  
物語の構造と力-『マビノーギ』第四話を読む 谷本 誠剛
  一   「マビノーギ」とは何か  
  二   物語の発端とその語り口の特徴  
  三   物語の核心部と魔法の持つ意味  
  四   物語はどう読まれて来たか  
クロフターの生活誌
-アラステア・マクリーン
『アルドナムルハンの日は暮れて?あるクロフター一家の黄昏』に寄せて
小菅 奎申
  一   序論  
  二   自然  
  三   クロフティング  
  四   人々  
  五   おわりに  
移り動くことと振り返ることと-ケルト遠望(2) 野崎 守英
  一   ボイイ族語り部亡霊の昔がたり  
  二   ヘルウェティイ族の移動・その失敗  
  三   ローマ・ケルト・ゲルマン  
  四   ケルト的精神の特質  
  五   補説