人文科学研究所15.現代ヨーロッパ文学の動向 中心と周縁

(表紙カバーより)
ヘーエンシュトラーセ   1190,ウィーン。1930年代の恐慌時代に大量の失業者が投入され、多くの人手にたよって築かれたウィーンの森を走り抜ける石畳の道。〔1995〕新井裕撮影。

1996年3月30日発行
中央大学人文科学研究所 編 中央大学出版部発行
本体価格4,000円(税別)
ISBN 4-8057-5310-2
(A5判396頁)

表現方法  
  新しい自伝-ロブ=グリエの場合 鈴木 重生
  ソレルスの小説契約-『黄金の百合』をめぐって 水野 明路
  自己を語る装置としての伝記-ル・クレジオ『ディエゴ&フリーダ』をめぐって 杉村 裕史
  小説と読者-デュラスとメディア 片山 貢
意識  
  都市の告発-ル・クレジオ『戦争』をめぐって 望月 芳郎
  中心の運動-トゥーサン『浴室』の場合 古本 耕三
  ボーダーレスな小説空間-ウィリアム・ボイド「アイスクリーム戦争」 小野 素子
  ベケット迷宮-『クワッド』のイコノロジー 岡室 美奈子
  東ドイツ・フェミニズムの特徴-クリスタ・ヴォルフ『自己実験』 長谷川 弘子
状況  
  消滅の危機に瀕する小説-ミラン・クンデラと『不滅』 田中 裕
  英国性の探求-トム・ストッパード『アルカディア』 小田島 恒志
  偏見を乗り越えたあとに来るもの-ドイツに暮らすトルコ人作家シナジ・ディクメン 鈴木 克己
地域  
  「周縁」からのメッセージ-イスマイル・カダレ 平岡 敦
  戦場のピクニック-ペーター・トリーニ『ウィーン攻防戦』 新井 裕
  村からの自伝-三女性の『凝固ミルク』『国境を行き来する女』『固いパン』 飯豊 道男