人文科学研究所11.陽気な黙示録 オーストリア文化研究

1994年4月15日発行
中央大学人文科学研究所 編 中央大学出版部発行
本体価格5,700円(税別)
ISBN 4-8057-5306-4
(A5判596頁)

第一部 オーストリアの心  
  文化複合としての昔話 飯豊 道男
  オペラ座のネストロイ 新井 裕
第二部 世紀末の揺らぎ  
  ユーゲントシュティールの音楽?マーラーの場合? 喜多尾 道冬
  世紀転換期ウィーン都市文学の盛衰 高橋 慎也
  エロスの遍歴-『輪舞』をめぐって- 田尻 三千夫
  シュニッツラーの『ベルンハルディ教授』?性格喜劇としての観点から?? 小泉 佐栄
第三部 夢の変容  
  ホフマンスタールと表現主義 松本 道介
  シュニッツラーと戦争?日記と作品『誘惑の喜劇』『池への道』をめぐって? 棗田 光行
  「私」のいない光景?ホフマンスタール『むずかしい男』小論? 佐藤 俊一郎
  ホフマンスタ?ルとリルケ?文学的世界の試み? 戸口 日出夫
  夢の地形?ホフマンスタール,シュニッツラー,ムシルの作品から? 赤司 英一郎
第四部 迫りくる暗闇  
  ムージルの〈可能性感覚〉の誕生
?帝制末期のカカーニエンにおける不随意性と随意性について?
早坂 七緒
  ウィーンのヘルマン・ブロッホ 入野田 眞右
  ヨーゼフ・ロートの『ラデツキー行進曲』?そのハプスブルク像をめぐって? 小林 正幸
第五部 伝統への懐疑  
  もうひとつのオーストリア文学?アウスレンダーのチェルノヴィッツ? 北 彰
  パフォーマンスと懐疑?ウィーン・グループにおける〈伝統〉と〈革新〉について? 前田 良三
  <犬のように>-トーマス・ベルンハルトの小説作法の一断面 初見 基
  「第九の国」の夢?ペーター・ハントケとスロベニア? 平山 令二