人文科学研究所イベント

【中止になりました】(2019.5.27更新)人文科学研究所主催公開研究会開催のお知らせ(「惑星的視点とアメリカ文学研究の可能性」チーム)

日程
2019年5月29日(水)15:10~16:50
場所
多摩キャンパス 3号館1階3115教室
内容

※本公開研究会は、講師の都合により、急遽中止となりました(2019.5.27更新)
 

講 師:    Sarah Abel 氏 (サラ・エイブル 氏)

     <アイスランド大学 ポストドクトラル研究員 >

テーマ: 祖先ルーツ判定DNA検査は人種主義的イデオロギーを反証できるか」

 

要 旨: ここ20年の間に、祖先DNA判定検査に関する産業が世界的なレベルで成長してきたこと
             で、DNA判定検査はさまざまな議論を呼び起こしている。「純粋」な人種があると信じ
             る人種主義的イデオロギーに対抗するものであるとして歓迎されている一方で、アイ
             デンティティに関する文化的/政治的なカテゴリーは具体的な遺伝的「本質」によって
             裏付けられると示唆することで、こうしたカテゴリーの人種化につながるものである
             として批判されている。

             DNA検査は人主義的イデオロギーを反証できるかという問題について以下の2点を論じ
             ながら考察を深めたい。

             

      1.DNAデータがどのように解釈され、利用されるかという問題に関する科学的/倫理的
                  な基準を設定する上で、科学者と経済界がどのような役割を果たすか。

            2.特定の民族的また人種的カテゴリーの定義づけにおいて、祖先の概念や「血」の
                概念に帰せられる歴史的/政治的な意義がそれぞれどのように異なっているか。

         

企画実施名義

主催:人文研チーム「惑星的視点とアメリカ文学研究の可能性」