人文科学研究所イベント

中央大学仏語仏文学研究会主催 学術講演会開催のお知らせ

日程
2019年5月29日(水)15:30~16:30
場所
多摩キャンパス 2号館4階 研究所会議室2
内容

【講 師】 沖田 瑞穂 氏

【テーマ】 「『マハーバーラタ』の世界~自著『マハーバーラタ入門』を語る~」

 

【講演要旨】

古来、東西のいかなる文明であれ、例外なくその揺籃期には、英雄叙事詩という文学形式がありました。古代ギリシアではホメロスが『イリアス』と『オデュッセイア』を、古代ローマではウェルギリウスが『アエネイス』を著し、中世ヨーロッパでは『ベーオウルフ』、『ニーベルンゲンの歌』、『ローランの歌』、『わがシッドの歌』などが生まれました。こうしたヨーロッパの作品群に勝るとも劣らないのが、古代インドの大叙事詩『マハーバーラタ』です。本講演では、中央大学文学部で「比較神話」(水曜3限)を担当していただいている沖田瑞穂先生に、全18巻で約10万もの詩節からなるこの作品の概要とその魅力について語っていただきます。学部生や大学院生のみなさんの参加も大歓迎です。

 

【講師プロフィール】

学習院大学大学院人文科学研究所日本語日本文学専攻博士課程後期課程修了。博士(日本語日本文学)。専攻はインド神話、比較神話。著書には『マハーバーラタ入門』(勉誠出版)のほか、『マハーバーラタの神話学』(弘文堂)、『怖い女』(原書房)、『人間の悩み、あの神様はどう答えるか』(青春文庫)などがある。

 

主 催:中央大学仏語仏文学研究会