人文科学研究所イベント

人文科学研究所主催公開研究会開催のお知らせ(「考古学と歴史学」チーム)

日程
2019年4月11日(木)13:00~14:30
場所
多摩キャンパス 4号館3階4354号室(考古整理室)
内容


講  師:   箱﨑 真隆 氏 (国立歴史民俗博物館研究員)

テーマ:  新年代法「酸素同位体比年輪年代法」の諸成果と展望

要  旨:   2010年代に日本で実用化に至った「酸素同位体比年輪年代法」は、

      一つの標準年輪曲線(年代測定のものさし)であらゆる樹種の年代

      決定ができる画期的な新年代法である。本講演では日本において同

      法がなぜ大きく発展し、実用化に至ったか、その概略を述べるとと

      もに、国内外の低湿地遺跡、自然埋没林における年代決定事例を紹

      介する。また、標準年輪曲線の構築・延長に向けた取り組みや、気

      候復元への応用など最先端の研究状況も示し、同法の発展性につい

      て展望する。

 
企画実施名義

人文科学研究所研究会チーム「考古学と歴史学」