人文科学研究所イベント

人文科学研究所主催公開講演会開催のお知らせ(「世界史における「政治的なもの」」チーム)

日程
2019年1月26日(土)13:00~15:00
場所
多摩キャンパス 2号館4階研究所会議室2
内容

講 師:       陳侃理 氏 (北京大学歴史学系副教授)

テーマ:    「時間の制度化――中国古代の記日法と時刻表記法
           Institutionalizing of Time: A Rethink of Numbering
           Hours and Days in Ancient China」

要 旨:  时间的制度化:中国古代的纪日与时辰
    序数纪日和十二时辰的理念,都产生于前汉时代。序数纪日

    从后汉开始,成为国家制度,并在日常行政和社会生活中取

    代干支纪日;而时辰的制度化却经历了漫长而曲折的过程。

    我们要来探讨,权力、技术和文化等因素如何互动,影响了

    时间的制度化。
(日本語訳)

    干支によらない「某月某日」という序数記日法や十二
            支を配当した時間表記法(十二時辰)は、いずれも前漢
            時代にはじまった。序数記日は後漢期に至って国家的
            な制度となり、日常行政・社会生活のいずれにおいて
            も干支記日に取ってかわったが、十二時辰の制度化に
            は長く複雑な過程があった。本講演においては、権力・
            技術・文化といった諸要因が相互にどのようにかかわ
            りながら「時間の制度化」に影響していったかを考えて
            みたい。

使用言語:中国語 通訳あり

                         以 上

企画実施名義

主催:人文研チーム「世界史における「政治的なもの」」