人文科学研究所イベント

人文科学研究所主催公開研究会開催のお知らせ(「18・19世紀英国の女性詩人」チーム)

日程
2018年7月14日(土)10:30~12:30
場所
多摩キャンパス 2号館研究所会議室2
内容

講 師:       田代 尚路 客員研究員 (大妻女子大学准教授)

テーマ:     「Sonnets from the Portuguese の冒頭3篇を読む」

要 旨:  Elizabeth Barrett Browning の Sonnets from the
            Portuguese は、Elizabethと夫 Robert
            の恋愛の軌跡が克明に描き出されたソネット連作であ
            る。本発表では、冒頭3篇(ソネット1~3番)を扱う。話
            者が「教養のある女性」かつ「積極的な恋愛主体」とし
            て自己表出しているさまを確認したい。

 講 師:      木谷 厳 客員研究員 (帝京大学准教授)

 テーマ:    「Mary Shelley, “Stanzas”(”O’ COME to me in
            dreams, my love!”)を読む」

 要 旨: Mary Shelleyが匿名で発表した “Stanzas”(“O’
            COME to me in dreams, my love!”, 1839)
           の読解を通じてその詩的技巧をいくつか確認
            しながら、Psycheのモティーフが本詩全体にもたらす
            効果について考える。


                                                       以 上

企画実施名義

人文科学研究所研究会チーム「18・19世紀英国の女性詩人」