日本比較法研究所イベント

シンポジウム(サイバー犯罪:捜査とガヴァナンス)開催のお知らせ(日本比較法研究所)

日程
2015年6月3日(水)14:00~17:00
場所
その他 中央大学駿河台記念館 670号室
内容

シンポジウム「サイバー犯罪:捜査とガヴァナンス」

日 程 : 2015年6月3日(水)14:00~17:00
場 所 : 中央大学駿河台記念館 670号室
 
基調講演:
 グレゴーァ・アーバス准教授(キャンベラ大学)
    「サイバー犯罪の捜査とガヴァナンス」

 パネリスト:
   中野目善則 (中央大学法学部教授)
   岡部 正勝 (慶應義塾大学総合政策学部教授、前警察庁長官
        官房参事官サイバーセキュリティ担当)
  丸橋 透 (ニフティ株式会社法務部長)
  宮下 紘 (中央大学総合政策学部准教授)
   進行: 堤 和通(中央大学総合政策学部教授)
 ※言語:英語 (基調講演の日本語訳並びにパネリスト報告の日本語アウトラインは当日配付、

     質疑は要約通訳)
 ※参加ご希望の方は事前のお申し込みが必要です。氏名・所属・身分を明記してメールで申込み

ください。お申込みメールアドレスはこちらです。    

---

Symposium “Cybercrime: Its Investigation and Governance”

Date: June 3 (Wednesday), 14:00-17:00

Place: Chuo University Surugadai Memorial 670 (3-11-5 Kanda-Surugadai Chiyoda-Ku)

Keynote:

Gregor Urbas, Associate professor of law, Canberra University

“Cybercrime Investigation and Governance”

Panel:

Yoshinori Nakanome, Professor of law, Chuo University

Masakatsu Okabe, Professor of criminal justice, Keio University

Toru Maruhashi, Director of Law Department, NIFTY Corporation

Hiroshi Miyashita, Associate professor of law, Chuo University

Moderator, Kazumichi Tsutsumi, Professor of law, Chuo University

Language: English

AttendanceE-mail us with your name and your occupation

企画実施名義

第26回中央大学学術シンポジウム/日本比較法研究所