研究推進支援本部 新着ニュース

2018年12月19日

文学部・山口真美教授が日本科学未来館主催の「Miraikan Visionary Camp」に参加します

文学部 心理学専攻 山口真美(やまぐちまさみ)教授が日本科学未来館で開催される15歳から25歳のビジョナリーを発掘・育成するコンテスト「Miraikan Visionary Camp」に研究者として参加します。

山口真美教授の研究者紹介動画やイベントの詳細は「Miraikan Visionary Camp 特設サイト(以下のURL)」で紹介されています。

 

「Miraikan Visionary Camp」について

日本科学未来館は、新しいビジョンを描く力、そして多種多様な人との共創によっておこるイノベーションに注目しています。

今回募集する「ビジョナリー」とは、未来へのビジョンを持ち、実現に向けて周囲を巻き込み、自ら行動できる人のこと。本プロジェクトは、そうした若い才能の発掘・支援のために始動しました。

最初のステップとして、3日間のアイデアワークショップ「未来館ビジョナリーキャンプ」を開催。選抜された30名のビジョナリーは、研究者・エンジニア・クリエイターなどの専門家と、アイデア・知識を交換しながら、未来のコミュニケーションやそれを可能にするテクノロジーについて考え、提案します。

優秀3チームはキャンプ終了後、研究者やクリエイターとコラボレーションしながら実際にアイデアを形にする権利を獲得。制作費はプロジェクトがバックアップし、その成果は未来館の常設展示として1年間展示される予定です。

科研費「顔・身体学」について

文学部・山口真美(やまぐちまさみ)教授が領域代表者を務める、科学研究費助成事業『顔・身体学(かお・しんたいがく)』については次をご覧ください。