TOP新着ニュース

2020年05月28日

【危機対策本部より】新型コロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言解除後の措置について

令和2年5月28日

 

学校法人中央大学

危機対策本部  

 

 

 

新型コロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言解除後の措置について

 

 

 

 

 令和2年5月25日付で、7月下旬までを段階的な移行期間と位置づけつつも、緊急事態宣言が全国的に解除されました。このことを受け、本学が設置する学校の所在地である東京都及び神奈川県においては、大学、附属学校ともに休業要請の対象施設から外れることとなりました。

 緊急事態宣言が解除されたとはいえ、新型コロナウイルス感染症の危険がなくなったわけではなく、公共交通機関の混雑や都県境をまたいだ移動のリスクを考慮すると、本学においても、施設の閉鎖を直ちに解くことは、学生・生徒及び教職員の安全と健康に最大限配慮する観点から、困難であると思われます。

 このようなことから、本学は、感染症拡大の状況を注視しながら、施設利用上の安全点検等を行った上で、段階的に施設利用の制限を緩和することとしました。

 利用できる施設及び対象者等の詳細については、随時、本学公式ホームページに掲載しますので、ご覧ください。

 なお、新型コロナウイルス感染症への感染は、誰にでも生じ得るものであり、感染状況に関する情報が、特定の個人や地域にネガティブなイメージを生まないようにすることは極めて重要です。学生・生徒及び教職員の皆さんにおかれましては、この点について十分にご認識いただき、感染リスクをコントロールしながら、新たな日常を段階的に取り戻していただきたいと思います。

 

1.段階的に閉鎖及び利用制限を緩和する校地

(1)多摩校地

(2)後楽園校地

(3)市ヶ谷校地

(4)市ヶ谷田町校地

(5)附属中学校・高等学校(小金井)校地

(6)杉並高等学校(杉並)校地

(7)附属横浜中学校・高等学校(牛久保)校地

 

2.段階的に閉鎖及び利用制限を緩和する期間  

 令和2年6月1日から施設利用上の安全点検等を行い、学年暦等を踏まえて校地毎に段階的に校地の閉鎖を解除し、施設利用の制限を緩和する。なお、新型コロナウイルス感染症の状況によっては、再度の閉鎖や制限緩和の期間を変更する場合がある。

 

3.段階的に制限を緩和する措置

(1)学生・生徒
   学生は、「新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う本学学生の行動指針について」を、生徒は、

   各校のホームページ、お知らせ等を確認すること。

(2)教員・研究員
   専任教員の入構を認める。なお、専任教員以外の入構については、教育・研究上の必要がある

   ときにその旨を学部長等に届け出ることによって、入構を認める。
(3)職員
   これまでの出勤者数の目安「各課室において原則2割以下」を5月末日で解除する。

   ただし、感染症及び濃厚接触のリスクを回避するため、ローテーション勤務、分散(別室)勤務、

   時差勤務、在宅勤務等を併用することとする。

 

4.その他

  お問い合わせについては、本学公式ホームページの【お問い合わせ】

 https://www.chuo-u.ac.jp/inquiry/から、該当の部課室にあるお問い合わせフォームをご利用ください。

 内容によっては、返信に時間がかかる場合がありますので、予めご了承ください。

  なお、窓口及び電話でのお問い合わせはお受けできません。

 

 以 上