TOP新着ニュース

2013年06月27日

赤ちゃんは金色が好き!研究開発機構 山口 真美研究室のプレス発表を行いました

研究開発機構「社会性の知覚と物体知覚の発達を調べる実験的研究プロジェクト」(研究代表者:文学部教授 山口 真美)の研究成果に関するプレス発表を行いました。

《概要》
子 ども達は、光るものが好きなようです。金色や銀色の折り紙が好きです。男子・女子向けの玩具には、金属の光沢感をもつものやキラキラしたラメ付きのものな どが見られます。いつからこうした金色の存在に気づいて好むようになるのでしょう?「金色」は、「黄色」に「光沢感」を付加することによって作られます。 実験では“選好が同じ”緑と黄色を並べて見せ、さらにそれぞれの色に光沢感を付けて見せました。つまり、黄色に光沢感を付けて金色になったときの選好を調 べたのです。
実験の結果から、1)生後7-8ヶ月の赤ちゃんは金色への好みを示したこと、2)7-8ヶ月児は大人と同じように「金色」を知覚する可能性が示されました。
この研究は、中央大学文学部・中央大学研究開発機構(山口真美教授、楊嘉楽機構助教)、日本女子大学人間社会学部(金沢創教授)の共同研究により実施され、PLOS ONE 誌に6月27日に掲載されました。

詳細は以下のリンク先をご覧ください。
  • プレスリリース「赤ちゃんは金色が好き!-赤ちゃんの金色選好を世界で初めて証明-」