図書館新着ニュース

2018年10月12日

和歌山県立博物館特別展で本学所蔵資料が展示されます

 中央大学図書館所蔵(国文学研究室配架)の古写本が、和歌山県立博物館特別展で展示されます。

 この機会にぜひご覧ください。

 

【開催概要】

 西行法師生誕900年記念特別展
 「西行 ―紀州に生まれ、紀州をめぐる―」

 会期:2018年10月13日(土)~11月25日(日)
 会場:和歌山県立博物館


【本学からの貸出資料】

 西行歌合(伝飛鳥井雅綱筆)
  御裳濯河哥合
  続三十六番哥合(宮河哥合)

 沙石集(10巻5冊の内、5冊目)

 ※いずれも室町時代の写本。
  西行歌合:冷泉家時雨亭文庫の資料が公開されるまでは、伝存中最も古い
       写本で、『新編国歌大観』に両歌合の底本として採用された。
  沙石集:重要美術品指定の古写本。


 特別展の詳細(展示資料一覧、関連イベント、チラシ、アクセス等)については、和歌山県立博物館のホームページをご確認ください。