利用案内

貸出・返却・更新・予約

閲覧室は、基本的に必要な図書を書架から自由に取り出し利用することができます。
館内で利用した図書は、必ずご自分で元の位置に戻してください。次に利用する人のための配慮を忘れないようにしましょう。

 

貸出

借りたい図書と学生証、またはCHOISカードをカウンターへお持ちください。
貸出手続をしないで館外へ持ち出そうとすると、無断持出となり出口でブザーが鳴りますのでご注意ください。

  • 受付時間:
    月曜日~土曜日 9:30~21:50 (日曜日・祝日10:30~17:50) 
    (休業期間中 月曜日~土曜日 9:30~19:50)

[ 参考 ] 中央大学図書館図書無断持出者に対する館外貸出停止に関する細則

 

返却

4階カウンターへ、必ず返却期限内に返却してください。カウンター受付時間終了後は、返却ポスト(図書室正面入口)をご利用ください。

 

貸出停止

返却遅延している図書がある場合は、遅延日数および冊数に応じて、返却日から一定期間貸出停止になります。返却遅延に伴う貸出停止のペナルティは全館共通で適用されます。更新や新たな図書の貸出はできなくなりますのでご注意ください。

 

貸出延長(CHOISから可能)

返却期限日を延長して借りたい場合は、貸出延長をしてください。延長したい図書が返却期限内で、かつ予約がかかっていない場合、1回に限り延長できます。

CHOIS蔵書検索システムの「貸出予約照会」からご自分で貸出延長ができます(一部延長できない資料もあります)。

カウンターで貸出延長を申込まれる方は、学生証またはCHOISカードと、延長したい図書をお持ちください。CHOIS所蔵検索システムの「貸出予約照会」の貸出一覧を印刷して提出すれば、図書を持参しなくても手続きができます。
※利用証の提示がない場合や、電話、FAX等による延長の手続きはいたしません。

なお、次の場合には延長できません。必ず返却期限日までにご返却ください。

  1. 他に遅延図書がある場合
  2. 当該図書に予約がかかっている場合
  3. すでに一度更新している場合
  4. 貸出停止期間中

 

予約(CHOISから可能)

利用したい図書が貸出中のとき、その図書の返却時に優先して利用できるよう予約をかけることができます。

CHOISで蔵書検索した画面から「予約申込」ボタンを押して、画面案内に沿ってお申込ください。予約は1冊につき1人までです。図書が返却され次第、電話でご連絡いたします。CHOISの「貸出予約照会」でも確認できます。

 

他キャンパスからの図書の取寄せ(一部の資料を除きCHOISから可能)

他キャンパスに所在する図書の取寄せ申込みができます。

CHOISで蔵書検索した画面から「予約申込」ボタンを押して、画面案内に沿ってお申込ください。
CHOISからの取寄せ申し込みができない場合は、CHOISから印刷した閲覧請求票を持ってカウンターにご相談ください。

図書は申込み日の翌日あるいは翌々日に到着します。図書の到着については、CHOISの「貸出予約照会」でご確認ください。受付日の翌日が他キャンパスの図書館等の休館に当たる場合や図書の配架状況等で標準日数を超える場合があります。予めご了承ください。

なお、試験期等で取寄せを中止することがあります(その都度掲示等でお知らせします)。

  1. 学部の前期試験期間(7月期)取寄せ中止の配架場所:<開架>・<理開>
  2. 学部の卒業・学年試験期間(1月期)取寄せ中止の配架場所:<開架>・<理開>
  3. 学部の入学試験期(2月中旬)取寄せ中止の配架場所:多摩キャンパス全体

予約・取寄せ資料の取置期限は、10日間です。

 

弁償

図書の紛失又は著しく損傷若しくは汚損した場合には、弁償していただくことになります。ご注意ください。

貸出期間・冊数

図書の種類と貸出

図書の種類 貸出しの可否 貸出冊数
一般図書 背ラベルの請求記号が数字で始まります 他校地の図書を合計して院生:30冊、教員:60冊
資料等 背ラベルの請求記号が D、M で始まります
法令・判例等 背ラベルの請求記号が J で始まります
参考図書 背に緑のラベルが貼ってあります
雑誌 背ラベルの請求記号が Z で始まります
新聞

 

法務研究科用図書の貸出期間

  利用者種別
所属 法務研究科大学院生 教員
資料区分 一般図書 D・M資料 一般図書 D・M資料
貸出期間 10日間 30日間 15日間
CHOISでの配架場所表示 「市ヶ谷法務」、「市ヶ谷基本」、「市ヶ谷書庫(法務)」

 

取寄せ図書の貸出期間

図書の貸出については、ローライブラリー(ロースクール図書室)所蔵の図書と、中央図書館等から取寄せた図書により貸出期間に違いがありますので、ご注意ください。

  利用者種別
法務研究科
大学院生
教員
資料区分・
貸出期間
一般図書 10日間 一般図書 90日間
D・M資料、製本雑誌 10日間 D・M資料、製本雑誌 15日間
未製本雑誌
(最新号は貸出不可)
7日間 未製本雑誌
(最新号は貸出不可)
7日間
開架図書 10日間 開架図書 15日間
開架DMZ資料 所蔵図書館内での閲覧のみ 開架DMZ資料 所蔵図書館内での閲覧のみ

3階閲覧室備付けの図書
貸出は行いません。閲覧室内で利用してください。(室外への持出しは禁止です)。

図書室内PCの利用・コピー機の利用

ローライブラリー(ロースクール図書室)内に設置しているPCは、図書館の蔵書検索、各種データベース検索用に設置しています。PCの各種の設定は、法務研究科PC自習室、貸出PC、持込みPCとは異なっています。利用にあたっては以下のことにご注意ください。

 

図書室内のPCでは次のことは出来ません。

  1. マイクロソフトWORD、EXCEL、一太郎、電子メールなどのアプリケーションの利用。

 

フロッピー・ディスク、USBメモリーなどを使う際には以下のことに充分注意してください。

  1. ウイルス汚染の可能性のあるメディアは使わない。
  2. 信頼できるサイトからだけファイルなどのダウンロードを行う。

 

個人情報保護のために利用が終わったら必ずログオフをしてください。

 

混合っているときは、PC自習室、情報教室など他の場所のPCをご利用ください。

データベースには、キャンパス内のどのPCからでも利用できるものが多数あります。

 

コピー機の利用

図書館所蔵の図書・資料に限って利用できます。
用紙サイズは、A4、B5、B4、A3 料金はいずれも1枚10円です。台数:3階(2台) 4階(2台)

レファレンス・サービス

レファレンス・サービスとは?

皆さんが図書館を効果的に利用できるように質問や相談を受けて、必要な文献の紹介や情報を手に入れる手助けをするサービスです。

レファレンスカウンターでは、みなさんの求める資料の探し方や中央大学にない資料について、国立国会図書館をはじめ、他の大学図書館の蔵書の利用などのサービスと相談のために専任のスタッフがお待ちしています。
ローライブラリー(ロースクール図書室)では、4階カウンターでご相談に応じています。

※詳しくは、図書館で配布しております「資料の探し方ガイド」等をご覧ください。

  • ご相談受付場所 :
    図書室 4階カウンター
  • サービス内容 :
    1. 資料の所在調査
    2. 事項調査
    3. 他図書館紹介および文献複写(学内に該当資料がない場合)
    4. 他大図書館からの図書の借出し

 

本学にない資料の利用方法(ILLサービス)について

お探しの文献が中央大学に所蔵されていない場合は、国内国外の所蔵機関とのILLサービス(図書館間相互利用サービス)により、下記の方法で利用できます。

  •  所蔵機関へ行って閲覧・コピーをする
  •  所蔵機関より文献のコピーを取り寄せる
  •  所蔵機関より借用する

教職員・大学院生は上記の2および3のサービスを図書館システムのメニューから オンラインで申込み手続きができるようになりました。詳しくはCHOISからのILL申込サービス のご案内をご覧ください。

国内所蔵機関にある場合

1.所蔵機関へ行って閲覧・コピーをする

本学図書館に求める文献がない場合、本学図書館が発行する利用紹介状を持って行くことにより閲覧・複写サービスを受けることができます。公共図書館以外のほとんどの機関は、図書館発行の「紹介状」が必要です。申込みを受けてから所蔵機関へ利用希望日と所蔵状況の確認をいたします。回答結果が来てから紹介状を書きますので、利用希望日前1~2日ほどのゆとりをもってお申込みください。

2.所蔵機関より文献のコピーを取り寄せる

※コピーの実費(1枚につき30~50円)と郵送料は申込者のご負担となります。

※お渡しできるまで、通常1週間ほどかかります。

※著作権法上、対象資料の2分の1以上の複写はできない場合があります。

※国公私立大学図書館間で運用する文献複写料金相殺システムに加盟していない一部の図書館からは取り寄せができません。

※いったん申込みいただくと、お取り消しはできません。

国立国会図書館の「登録利用者制度」について

中央大学図書館のサービスではありませんが、国立国会図書館で、同館が所蔵する文献の複写物を自宅へ郵送するサービスを行っています。詳しくはこちらをご覧ください。

3.所蔵機関より図書を借用する

国立国会図書館の他、一部の学外機関からは本学図書館が図書を借用することができます。

※借用図書の利用は、館内閲覧に限ります。貸出や研究室への持ち出しはできません。

※借用した図書は、著作権の範囲内で複写が可能です。ただし、所蔵館の規程や資料状態により複写できない場合もあります。

※往復の郵送料が申込者の負担になります。

※図書の取寄せには、通常1週間前後を要します。

※一般に、雑誌や参考図書、貴重図書は借用できません。

※国公私立大学図書館間で運用する貸借料金の相殺システムに加盟していない一部の図書館からは取寄せができません。

※いったん申込みいただくと、お取り消しはできません。

国内所蔵機関にない場合

国内にない文献のコピーの取寄せおよび図書現物の借用
国内での入手が不可能な文献について、海外の所蔵館からコピーを取り寄せたり図書現物を借用することもできます。所蔵館や資料によっては、費用や時間が相当かかることがありますので、カウンターにご相談ください。

購入希望図書の受付け

ローライブラリー(ロースクール図書室)に備付けを希望する図書がありましたら、図書購入希望申請書(123KB)(PDF)に記入の上、図書室カウンターに申し込んでください。法務研究科の学修に必要な図書は原則として購入します。 購入希望図書申込みフォームからも必要事項を記入し申請することができます。