インターナショナル・ウィーク森鷗外講演会

後楽園キャンパスにて「森鷗外講演会」を開催

去る、2012年6月23日(土)に「森鷗外講演会」を開催しました。

  • 講演: 「『山椒大夫』からのメッセージ」
  • 講師: 関 礼子 中央大学文学部教授
  • 講演: 「『舞姫』について」
  • 講師: 山下 萬里 拓殖大学教授/中央大学理工学部兼任講師
  • 日時: 2012年6月23日(土)13:00~14:30
  • 場所: 後楽園キャンパス5号館5階5534・5533教室
  • 共催: 中央大学、文京区(森?外生誕150年記念事業)

当日は、ご来賓として文京区の成澤廣修区長にお越しいただき、ご挨拶を頂戴しました。

講演会には、中央大学高校生を中心に、学外者を含め600名を超す大勢の方々にお越しいただき、講演会終了後も参加者の方々から講師の先生方に多くの質疑応答があり、大変活発な講演会となりました。

今回の「森?外講演会」は、中央大学インターナショナル・ウィーク第3回(テーマ:ドイツ)の一環として開催し、並びに文京区との「相互協力に関する包括協定」に基づき、「森?外生誕150周年記念事業」と連携し、文京区との共催事業として開催しました。