インターナショナル・ウィーク特別講演会

6月20日 11:00-12:35 8号館8304号室(同時中継会場 8号館8303号室)

「ドイツの経済と企業」と題して、メーダー=メトカルフ駐日ドイツ公使、バイエルホールディングのハウスナー代表取締役社長、NRW日本事務所のロエル所長がそれぞれ約20分程講演した。
メーダー=メトカルフ公使はドイツが原発エネルギー政策を廃棄した背景を述べ、ハウスナー社長はドイツの製薬会社の世界戦略、日本での活動を語り、ロエル所長は日本からドイツへの技術移転の実例に言及した。講演会後、公使が同時中継会場に足を運び、学生に予定外の挨拶をしたのが印象的であった。