国際連携・留学新着ニュース

2016年12月12日

スペイン語弁論大会結果のお知らせ【インターナショナル・ウィーク第8回(テーマ:メキシコ)】

2016年12月2日、インターナショナル・ウィーク第8回(テーマ:メキシコ)の一環として、スペイン語弁論大会が開催されました。

テーマは、「メキシコまたはスペイン語に関するもの」とし、応募者が原稿を提出、その後の書類審査を経て、9名の弁士がスピーチと質疑応答をおこないました。語学力はもとより、弁士それぞれのメキシコへの想いに満ちたスピーチが披露され、白熱した戦いとなりました。

厳正な審査の結果、商学部の後川有里子さん(タイトル:なぜ私はメキシコに恋に落ちたのか)が特別賞に選ばれました。後川さんには賞状のほか、メキシコ大使館からオーディオブックが贈呈され、さらにはアエロメヒコ航空より、成田・メキシコシティ往復航空券が進呈されました。

また、敢闘賞には、中山直哉くん、髙橋信くん、鹿島亮太くんが選ばれ、同じく賞状とオーディオブック、記念品が授与されました。

弁論大会後には懇親パーティーを通して、お互いのメキシコへの熱い想いを語りあう姿が見られました。この弁論大会が、メキシコへの想い・夢を実現するための、一つの通過点になったのではないでしょうか。参加された皆さまのさらなる飛躍をお祈りいたします。

以上、4名の弁士のスピーチ原稿は、以下のURLよりご覧いただけます。