1. トップ
  2. 講座一覧
  3. 講座詳細

総合講座

 

〈開講決定〉朝鮮半島を彩る色・かたち・衣・音・舞【9/21スタート】

  • 対面式
  • 文化
  • 総合講座

講座番号:10711

火曜日 14:00~15:30

場所
多摩Map
定員
16名

お申込受付終了

[秋期/全3回]
9/21、10/5、11/9 
受講料:9,300
申込締切日:2021/09/15

講義概要

朝鮮半島の民族文化には古代中国から伝わった陰陽五行思想が水脈のように流れています。春期では、世界のあり方を陰と陽の「気」から解いた考えに触れながら、人が産まれたときに包まれる「白」の衣、そして人の死を悼む「白」の衣の深い世界をめぐっていきます。秋期では、東西南北中央という世界のあり方に神獣と五正色(赤青黄白黒)を奉り、世の平安を祈る考え方が、伝統行事に織りこまれ、吉祥文様の意匠となり、現代まで引き継がれている様子をたどります。

 毎回、韓国伝統衣装や手工芸の実物を観察し、貴重な視聴覚資料も鑑賞していきます。

※2回目の日程が当初10/19から10/5へ変更となっております。

対象 どなたでもご参加いただけます

日付 タイトル
秋1回目 2021/09/21 五正色の世界(1) 初誕生祝いのトルボク:神明(シンミョン)のリズムとともに。
秋2回目 2021/10/05 五正色の世界(2) ポジャギ セットン、吉祥文様:十長生(じっちょうせい)の願い。
秋3回目 2021/11/09 五正色の世界(3) 娘の赤いチマと黄色のチョゴリ:アジアの花嫁衣裳とのつながりをたどる。

日程

火曜日14:00~15:30

  • 秋期全3回 :9/21、10/5、11/9 
テキスト レジュメを配布します。
ぱく きょんみ

講師

詩人

ぱく きょんみ(パク キョンミ)

東京都立大学英文科卒業。書籍編集や大学講師に就きながら、伽?琴やポジャギなど韓国の民族芸術を広く研究。主著に、詩集『何処何様如何草紙』(書肆山田)、エッセイ集『いつも鳥が飛んでいる』(五柳書院)、絵本『はじまるよ』『ごはんはおいしい』(福音館書店)、最新作に共著『韓国・朝鮮の美を読む本』(クオン)。

閉じる