1. トップ
  2. 講座一覧
  3. 講座詳細

総合講座

 

【春期受付終了・秋期受付中】言語と思考の深い関係性を探る -ことばを考える/ことばで考える-

  • 対面式
  • 文化
  • 総合講座

講座番号:10021

火曜日 14:00~15:30

場所
多摩Map
定員
25名

お申込受付中

[春期/全3回【受付終了しました】]
4/25、5/16、 5/30
受講料:9,570
申込締切日:2023/04/22
[秋期/全3回]
9/26、10/17、11/7
受講料:9,570
申込締切日:2023/08/28

講義概要

 昨年度の講座では、「日本語から探る日本的思考」と題し、知らず知らずのうちに私たちの思考を大きく左右する日本語のメカニズムを探ってまいりましたが、本年度はさらに一歩進めて、そもそも言語とは何か、言語と思考とはどんな関係にあるのか、等々、深く考えてみたいと思います。言語相対論やソシュールの考えを分かりやすく、おもしろい実例にてらしながら説明するつもりです。ことば一般に興味のある方、短歌・俳句・小説などの実作者の方々もふるってご参加ください。

対象 ことばに興味をお持ちの方はどなたでも

日付 タイトル
春1回目 2023/04/25 ことばなしに考えることはできるか? ― 言語と思考
春2回目 2023/05/16 虹は七色だろうか? ― 言語相対論をめぐって
春3回目 2023/05/30 ことばのさまざまなレベル。― ランガージュ、ラング、パロール
秋1回目 2023/09/26 ことばの「歴史」と「今」。
秋2回目 2023/10/17 ことばの根本的なはたらきとは?
秋3回目 2023/11/07 行間を読むことと絵画を読むこと。― コノテーション

日程

火曜日14:00~15:30

  • 春期全3回【受付終了しました】 :4/25、5/16、 5/30
  • 秋期全3回 :9/26、10/17、11/7
テキスト レジュメを使用します。
加賀野井 秀一

講師

中央大学名誉教授

加賀野井 秀一(かがのい しゅういち)

高知市生まれ。中央大学大学院仏文学研究科、パリ大学大学院で学ぶ。中央大学理工学部名誉教授。専攻はフランス現代思想、哲学、言語学、メディア論、日本語学。著書に『メルロ=ポンティ』(白水社)、『20 世紀言語学入門』(講談社)、『日本語は進化する』(NHK ブックス)など。

閉じる