1. トップ
  2. 講座一覧
  3. 講座詳細

総合講座

 

〈開講決定〉こころの処方箋―困り感や不安からの抜け出し方―【10/9スタート】

  • 対面式
  • 心理
  • 総合講座

講座番号:13611

土曜日 13:30~15:00

場所
後楽園Map
定員
20名

お申込受付終了

[秋期/全3回]
10/9、11/6、12/4
受講料:9,300
申込締切日:2021/09/30

講義概要

 日常の中でちょっと言われたことが気になったり、仕事での仲間関係で悩んだとき、あなたはどのように解決をしているでしょうか。睡眠を十分とったり、おもいっきり好きな物を食べたり、自分の気持ちや・こころをごまかしていないでしょうか。ちょっとした困り感や不安をこころにため込んでいると、なんとなく元気がなくなったり、顔色が悪くなったり、体調を崩したりします。では、どうしたらいいのでしょうか。自分が何に困っていて、そのことをどう考えて、どう解決したいのか、整理してみる必要があります。

 今回の講座では認知行動療法をつかって、困り感や不安を自分で解決する方法について学んでいきましょう。まず、シートを使って気持ちの整理をしていきます。そして悩みの元となっている否定的な考えを、肯定的に変化させる練習をしましょう。きっと気分がすっきりすると思います。

 一緒に自分のこころについて、理解を深めましょう。

対象 どなたでもご受講いただけます

日付 タイトル
秋1回目 2021/10/09 人が持ちやすい考えとは(絵本を使って)
秋2回目 2021/11/06 造形療法で自分のこころを理解しよう(はさみ・のりをご持参ください)
秋3回目 2021/12/04 困り感や不安からの抜け出し方

日程

土曜日13:30~15:00

  • 秋期全3回 :10/9、11/6、12/4
鈴木 由美

講師

聖徳大学児童学部児童学科教授
臨床心理士
学校心理士

鈴木 由美(すずき ゆみ)

筑波大学大学院教育研究科修士課程 カウンセリング専攻修了。 
筑波大学大学院博士課程人間総合科学研究科生命システム医学専攻。
指導科目:カウンセリング概論/教育相談/学校心理学
著書「グループカウンセリング 子どもが育ちあう学級集団づくり」(2010 年)金子書房 田上不二夫編 宿泊学習担当、「子どもが変わる 親の話し方・接し方」(2007 年) ベースボールマガジン社 ほか

閉じる